LaLa7.net

太さピークの40代前半のころのサイズ

スポンサーリンク

40代になった頃、改めて自分の体型を見つめることができるようになりました。

脚やせ画像

 

子どもたちが自分で身の周りのことができるようになって、やっと自分一人で入浴できるようになり、ほっとする一瞬が持てるようになりました。

入浴といえば、当然裸です。

入浴前後の自分の「下着姿」、自分の「生の姿」を鏡に映してみるようになったんです。

そういえば長女がおなかに宿って以来、約15年間というもの、まったく自分の「生の姿」を見ていませんでした

その当時の体重は59キロで、臨月間近のころと同じ体重になっていました。

スポンサードリンク


生の自分、怖いけど直視してみる

鏡にうつる私は全身に脂肪がいきわたって、

足首21.5センチ、ふくらはぎ36.5センチ、太もも56センチ、ウエスト76センチ!!!になっていました。

太もも56センチって、細い人のウエストサイズに近いですよね!

って、太もも ふとっ。

 

鏡に映る自分の下着姿ったら、もーーーーダメ!

自分の生の姿ったら、もーーぜーーーーんぜん、ダメダメ!

3人産んでから10年経過した姿は、見るも無残!な姿です。

顔は化粧などでしばしば見ているものの、体はまったく見ていなかったので、ここまで変形しているとは・・・・

ガクゼンとしました・・・( ゚Д゚)

 

え?ここ具体的に聞きたい?

変形(変り果てた容姿)の実態を聞くとびっくりすると思うので、やめておきます。

本当の自分を受け止めるってあきらめること?

目の前にある自分の「生の姿」が、あまりにも変形しているのを受け止めるのに、相当時間がかかりました。

だって私の記憶にあるのは、結婚当時の20代半ばの若々しい姿、そこから一気に42歳の下半身デブの崩れた全身

もう脚がふといだけではありません。

全身のくずれや変形が加わって、オバサン体型どころではありません。

「遺伝+加齢」なので、どうしようもないのだと諦めることにしたんです。

このままの姿で生きていくしかないみたいだし、それってイヤだけどしかたないし。。。

どうやって生きていったらいいか、諦めと絶望中で生きていくしかない、ってそう考えるようになっていました。

こうなったらもうやけくそ、太い脚を無視した格好をするか?

それともやっぱり隠し続けるか?

「もうオバサンなんだから、自分のことなんか無視しよう、そうしよう、意識せずに生きていこうょ。」

そう言い聞かせて、まだまだ子供中心の生活は変わらないまま、脚を細くしたいという夢も希望も抱けずにいました。

さらに肥大化しそうな下半身

それにしても、さらに肥大化しそうな13号の下半身をかかえて、どうやって生きていくか・・・

悩んで、考えて・・・

月日は数年経ちました。

 

そしてたどりついたのは、「そうだ!着物を着て隠そう!」ということでした。

着物なら脚の太さはわからないはず。

それに体型も隠せるし、いいんじゃないかなと。

第1話:「脚やせ成功物語・脚太歴30年涙の克服体験談を残しておきます」
第2話:「細い脚を夢みた10代20代」
第3話:「脚やせマッサージ失敗編」
第4話:「元祖加圧着圧ストッキング時代の苦い思い出」
第5話:「細く見える脚への着こなしコーディネート奮戦記」
第6話:「脚やせ成功願望も薄れた子育て中」
第7話:「太さピークの40代前半のころのサイズ」今このページ
第8話:「寸胴オバサンでいくかそれとも」
第9話:「娘に浴びせかけられる暴言は続く」
第10話:「脚やせダイエット40代の体験」
第11話:「後ろ姿は30代後半を維持するために」

 


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy