脚やせを促進する食習慣5つ・意識すると食べ過ぎを防げる

洋食がテーブルに並んでいる

脚を細くするのに、代謝をアップさせて、血行促進させ、水分をため込まない体にするのがいいとお話しました。

食事の材料を考え選んでいくとともに、いつもの食べ方も考えてみました。

いつもの何気ない食事ですが、こんな風にすると、脚やせにもっといいなって思います。

習慣になればなんていうことのない、ちょっとしたことですけどね。

脚やせを促進する食習慣

以下5項目を紹介します。

塩分を減らす

塩分の多いもの(ハムや練り製品、つくだ煮、ラーメン、インスタント食品など)は、体がついつい水分を余分に取り入れようとしてしまいます。

すると、手足顔などが、むくみやすくなってしまいます。

ですから、できるだけ塩分を減らすとよいです。

ゆっくり食べる

お腹いっぱいという感覚になるのに、食べ始めから約30分かかります。

早食いで食事をすると、食べ終わっても物足りないので、さらに食欲を満たそうとして、デザートやお菓子を食べてしまいがち。

そしてカロリーオーバーになってしまいます。

ですから、食事をするときは、ゆっくり30分かけるつもりで、しっかり噛んで食べるのがいいです。

味わって何をどれだけ食べたか

テレビを見ながら、スマホをいじりながら、本を読みながらなどのながら食べは、やめた方がいいです。

今食べている食事に向き合って、五感を使って味わって食べるといいですよ。

甘い辛いなどの味覚について、もっと硬い調理法が好みだとか。

野菜や魚の形や大きさなどを見ながら、食品のことを考えながら食べていると、何をどれだけ食べたかをよく覚えていられます。

何をどれだけ食べたかは、いちいち表にしておかなくても問題ありません。

バランスのよい食事をしたかどうか、一日の単位でそれを理解できるようになったり、明日のメニューを決める材料になったりします。

特に主婦は、この感覚を磨くようにするといいと思います。

笑顔で複数人で食べる

体にとって栄養のあるものも、喜んで食べていないことには、完全に栄養にはなってくれません。

せっかくの美味しい食事です、美味しさや料理法の良しあしなども分かち合って、笑顔で話ながら食べるのが一番です。

気軽に話し合える間柄であれば、明日の料理や、今後何を食べたいかなども話題にでき、健康を意識したより充実した食生活になるはずです。

食べるとき脚は組まない

食べているときは、気もゆるんでラクな姿勢になりますね。

それはそれでいいのですが、脚を組んで食べるのはやめませんか。

仕事中や神経を使っているときは、脚に意識をもっていきにくいので、脚を組まないようにと思ってもなかなか癖になった脚組みは、やめることができません。

なので食事をしているときくらい、脚を組むのをやめるようにしましょう。

脚を細くしたいと願っているなら、きちんと膝をつけて座るようにしたいもの。

でも、ずっとじゃなくっていいですよ、意識して3分とか5分とかやってみるだけで。

それだけでも、一日で10分以上、内ももの筋肉を鍛えていられるのですから。

以上のような食習慣は、自分に言い聞かせるつもりで書きました。

できていないこともあるのですが、体を作る食事や食材について、家族や友達と、もっと話せるようになるといいなって思っています。

  冷え性で下半身デブを解消した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」

脚やせ
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました