LaLa7.net

細く見える脚への着こなしコーディネート奮戦記

スポンサーリンク

服で隠してもダメ、美容器具を使ってもダメ、マッサージも続かない、ゾウさんタイツも全くダメ。

そんな脚やせ成功願望の私が次にとった「脚を細くする方法」、それは「目の錯覚」を利用するです。

目の錯覚を利用して、脚を少しでも細く見えるようにしようとしたんです。

スポンサードリンク


細く見える着こなしを考える

これは鏡の前で、あれやこれや洋服のコーディネートを工夫するわけです。

「どういう着こなしが脚を細く見せるか」そのことだけを考えていました!

脚やせ画像

 

まず思いついたのは、明るい膨張色のトップスを着て、ボトムスは黒やこげ茶、濃紺などの暗い色目にすること。

これだけでも色のコントラストで、今までより若干脚が細く見えます。

 

脚やせ画像

 

トップスの柄をはっきり大きい柄にして、ボトムスは無地か縦線のはいったものにするのも、効果的。

 

 

脚やせ画像

 

そして、もっと目の錯覚を利用するのに、トップスを横縞のものにそれもはっきりした縞、あるいは、ブラウスのフリルが大きいとか、デザインが凝っていて、ついつい目が上半身にばかり向いてしまうもの。

こういったコーディネートを鏡の前でとっかえひっかえしてみました。

ある程度の効果はあるものの、ちっともおしゃれじゃないしつまらない。

ほとんどの場面で、長いスカートや黒いズボンで脚を隠し続けてきましたが、「やっぱりはやりのスカートをはきたい」という何年も抑えてきた気持ちがわいてきます。

そこで、スカートの裾をどこにしたら、一番ふくらはぎが細く見えるか、あるいは脚全体を細くみせることができるか・・・

そのために形の違うスカートをひざ上あたりから下へとずらして、鏡に映る自分の姿を観察してました。

今ではこうした「着やせ」の方法は、当たり前になっているようですが、自分でああでもないこうでもないといいながら、スカートの丈と、スカートのデザインを決めることで、「ある形のある丈のスカートだけは着る」ことにしました。

脚を見せてスカートをはくことで、ちょっぴりですが太脚のストレスが減ったけど・・・・

それでも、でも、でも、しょせん目の錯覚をねらったもので、脚が細くなったわけではありません。

太いもも、太いふくらはぎの太い脚は、何にも変化なし・・・

相変わらず、自分の太い脚がほっそりキレイな脚へと、一夜にして変化していないものかと、かなわぬ夢を見ていました。

遺伝だからどうしようもないよねー、と半ば諦めてもいたのですが、諦めてお終いにできない割り切れない気持ちもあったんです。

第1話:「脚やせ成功物語・脚太歴30年涙の克服体験談を残しておきます」
第2話:「細い脚を夢みた10代20代」
第3話:「脚やせマッサージ失敗編」
第4話:「元祖加圧着圧ストッキング時代の苦い思い出」
第5話:「細く見える脚への着こなしコーディネート奮戦記」今このページ
第6話:「脚やせ成功願望も薄れた子育て中」
第7話:「太さピークの40代前半のころのサイズ」
第8話:「寸胴オバサンでいくかそれとも」
第9話:「娘に浴びせかけられる暴言は続く」
第10話:「脚やせダイエット40代の体験」
第11話:「後ろ姿は30代後半を維持するために」

 


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
3 dummydummy dummy dummy