LaLa7.net

魚料理で糖質制限・夕食はホッケの開きをメインに糖質4.0グラムに収める

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット・メインほっけの開きと付け合わせ糖質減らしてダイエット ラララ~♪ 今日も手早く料理して、美味しいのに痩せちゃおう!

メインの食材は「ホッケの開き」です。ホッケの開きは100グラムあたりの糖質は、たった0.1グラムしかありません。

「ホッケ=糖質なし」といっていいほどの糖質しかなく、魚介類の中でも特に糖質の少ない食材です。

味は淡白で身離れもよいので、食べやすい食材ですね。

小ぶりのホッケで家族分焼くのが手間なら、大きなホッケを一尾焼いて分けるのも手です。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

メイン料理はホッケの開き・簡単調理法とコツ

糖質制限ダイエット・メインほっけの開き料理に副菜とくだものホッケの開きをやいて、付け合わせには、「ほうれん草の卵とじ」と「カボチャのチーズ焼き」。

副菜に「野菜たっぷりの白和え」とデザートのはっさく。

これに汁物を合わせています。この日の汁ものは中華スープ。

ホッケの開きと付け合わせの簡単レシピ

メインの料理を別皿にすれば、副菜は前部で三皿になるのですが、汁の少ない副菜の際は、メインの料理と同じ皿にのせてしまうことが多いです。

お皿が少ないと洗うのもラクになるのですが、盛り付けた見た目には今一つかもしれません。

見た目が大切という人は、小皿にきれいに盛り付けてくださいね。

さて、ホッケの開き、レシピというほどのものでもありません。(毎度簡単調理でごめんね)

我が家では両面グリルで焼いてます。皮の方を下にして、数分で出来上がり

干物を焼くときの注意というかコツは、乾燥具合によってはごく短時間で焼けるので、焦げすぎないように注意をしてください。

付け合わせにした「ほうれん草の卵とじ」のレシピは、

5センチ長さに切ったほうれん草を炒め、だし汁を加えたとき卵を流し込んで、蓋をして蒸し焼きのようにします。

「カボチャのチーズ焼き」のレシピは、

くし形に薄く切ったカボチャ(皮とってあります)をレンジで1分加熱してから、調理してます。

フライパンに並べて、カボチャに火が通ったら、塩コショウをして、平たいとろけるチーズをのせて蓋をし、チーズがとろけたら完成です。

ホッケの開きのメイン料理に上記の付け合わせで、糖質は・・・ホッケ0.1グラム+ほうれん草の卵とじ0.2グラム+カボチャのチーズ焼き2.6グラム=2.9グラム

(カボチャは100グラムあたり糖質8.1グラム  チーズは100あたり0.5グラムで計算)

副菜の「野菜たっぷりの白和え」のレシピ

糖質制限ダイエット・メインほっけの開き料理に副菜とくだもの副菜にしたおんは、「野菜たっぷりの白和え」です。

白あえというのは、水を切ったお豆腐であえてある調理法です。

材料の人参は、薄い短冊に切ってゆでます。

小松菜も同じくゆでて水けを切ってあります。

お豆腐は30分前くらいから水を切っておき、お皿にのせてレンジで2分加熱してから、ほぐしています。

お豆腐の水分をできるだけたくさん切ってホロホロになるくらいにすると、豆腐が野菜にからみやすくなります。

味付けは、白だしと塩少々、かつお節と白いいりごまをたっぷり入れています。

野菜の種類は多くありませんが、量をたっぷりにしています。

干し大根があれば、白和えと相性がいいのでくわえてくださいね。

白和えはべちょっとさせたくないので、材料の水気をしっかり切ることと、乾燥している食材をプラスするのがコツです。

最後に糖質がどれくらいかるかですが、豆腐一丁で300グラムとして3.6グラムなので、一人分約1.2グラム。

人参は100グラムあたり4.7グラム、小松菜は100グラムあたり0.5グラム、なので一人分の「野菜たっぷり白和え」の糖質は、1.1グラム

本日の料理、ホッケの開きをメインにしたメニューの糖質は、合計で4.0グラムです。(汁物と果物は入れてありません)

三食主食抜きで糖質制限ダイエットをしているなら、これだけだとお腹いっぱいにならないでしょうね。

そんな人は、糖質の少ない副菜をもう一品かハムなどのお肉製品を加えるのがいいと思います。

軽い糖質制限ダイエットなら、おかずを食べた後、玄米をお茶碗に半分ほど(糖質25グラム)、ゆっくり噛んで食べれば満足感が増しますよ。

玄米ご飯を食べても、夕食は糖質30グラム以下を達成できます!

ゆる~い糖質ダイエットなら、健康的に痩せられます!試してみてね。

ホッケ大好き!ラララララ~♪ 気軽に糖質オフを続けましょ♪



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top