新緑の広場で若い女性一人微笑む姿

一人暮らしの防災グッズで最低限必要なものは何でしょう。

防災のプロが選んだものを参考にそろえていけば安心、と思ったのですが、

本当にそれで自分の身を守れるのか、それはちゃんと考えないといけないですね。

まずは、防災のプロが選んだ「防災セット」の中身からみていきましょう。

防災士が選んだ「防災セット」一人用

いざというとき、さっと持ち出せる「防災セット」は、すぐに取り出せるところに置いておきたいですね。

「防災セット」とは

非常時の断水・停電を想定して、持ち出し可能な状態で必要なグッズが揃ったセットです。

以前は「非常持ち出し袋」という巾着式の袋でしたが、現代はリュック型がほとんどです。

食料の確保できるまでの三日間の生活必需品を目安に、用意されています。

またその他に、避難中のストレスを緩和するためのものも含めてセット内容にされている場合もあります。

女性や高齢者でも持ち出し可能なタイプが増えています。

防災セットの中身

防災セットの中身は、必要最低限の食料・水・生活用品だけです。

あると便利というものを加えていくと、どんどん増えて持ち出しできないほどになってしまっては意味がありません。

そのため、軽量ですぐに使えるものを厳選しています。

例1・具体的な一人暮らし用防災セットの中身

  • 一人用35種類38点
  • 防災士認定の防災士が作った三日間生き抜くための防災セット

まずはこの例から見てみますね。

ディフェンド フューチャー 防災士監修防災セット一人用 税込13800円・送料別の内容です。

 ストレス緩和についても考えられているセット内容になっています。

撥水加工したリュック(置きやすく詰めやすく持ちやすい・一人用の場合セット内容を入れると3分の2くらいの隙間がある状態)

  1. ダイナモラジオライト
  2. 食料品
  3. 防災グッズ
  4. 衛生グッズ
  5. その他

詳しくみてみますね

1・ダイナモラジオライト
  1.  USB 充電・手回し発電・乾電池対応
  2. モバイルバッテリー機能搭載
  3. FM・AM ラジオに対応
  4. LED 懐中電灯・緊急サイレンとして使用可能
2・食料品
  1. 5年保存水
  2. アルファ米
  3. 温めずにおいしい野菜カレー
  4. パワーブーストようかん
  5. 10リットルウォータータンク
3・防災グッズ
  1. エアーマット
  2. アルミブランケット
  3. ホイッスル
4・衛生グッズ
  1. 洗濯パック
  2. 5年保存ボディタオル
  3. シャンプー手袋
  4. 5年保存ウェットティッシュ
  5. 歯ブラシ
  6. 緊急セット
  7. 簡易トイレ3枚入り
  8. ポータブルウォシュレット
  9. 目隠しポンチョ
5・その他
  1. 防災マニュアル
  2. iD カード・内容品一覧
  3. 追加物チェックシート

グッズは自分でリュックに詰めることになっています。

自分で詰めることで、どこに何をいれたかが分かり、使い方や賞味期限などを確認することができる。

一人用を入れてもスペースがあるので、着替えや追加グッズを入れても大丈夫な大きさ。

5年間保証がついている。

どれを見ても、なるほど必要だわと思えるものばかり、やはりプロが選ぶものは参考になりますね。

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

例2・具体的な一人暮らし用防災セットの中身

災害時必ず役立つ防災セット 絶対必要な防災グッズが揃っている。

防災士監修非常用セットのセーフティプラス:一人用26種類35点セット17,800円(送料無料)の内容です。 

  • 自立型内側ポケット付きの 収納力抜群のリュック
  • ラジオ付き手回し懐中電灯
  • エアー枕・アイマスク・耳栓
  • 非常用トイレ
  • レジャーシート
  • レインコート
  • 救急セット
  • エアーマット
  • ブランケット
  • 保存水
  • アルファ米
  • 非常用給水袋(5 L)
  • フード付きアルミポンチョ
  • 簡易アルミ寝袋
  • マルチツール
  • 非常用ホイッスル
  • LEDライト
  • 折りたたみコップ
  • USB 充電ケーブル
  • 5年保存水
  • ロープ
  • ビニールケース
  • 軍手
  • カイロ
  • マスク
  • 乾電池

やはり必要なものがそろっていますね。

プロの目で必要と判断したものなので、これは削れないというものばかりですね。

一人用と二人用がありますよ。

防災士監修、非常用セット Safety Plus

防災のプロ 防災士ってどんな人?

防災グッズの監修に、「防災士」という人がかかわっていますが、いったいどんな人でしょうか。

「防災士」は、

”自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。

(認定特定非営利活動法人 日本防災士機構のHPより)

2020年8月末日現在で 197229人の 防災士認証登録者が あります。

プロが選んだ防災セットは自分で考えるきっかけ

防災グッズに最低限何が必要なのかを、防災のプロが選んだ防災セットの内容を見て考えてみました。

避難所での生活は一度は考えておいた方がよいことです。

一人暮らしにせよ家族があるにせよ、まずは一人分の内容を確認してみるのが早道かと思います。

最低限の必要なものがセットになっているので、ここに自分のあと必要と思うものを継ぎ足していけばよいので、考えるのも楽です。

家族が二人でも、一人用のセットをそれぞれが持つと、負担は減るし動きも取りやすくなるかもしれません。

人により単独で追加を

両手があき急いで避難できるよう、荷物はリュック型で一つがベストでしょう。

持病がある、衛生用品にこだわりがある、食べ物の好みが、という人は、最低限を知ったうえで追加をして、一つにまとまるようにしたいですね。

一人暮らしの防災グッズ・最低限必要なもの!まとめ

防災セットで最低限必要なものは、案外たくさんありますね。

災害の情報を集める危険を知る、そして安全な場所で身を守ってくださいね。

<関連ページ紹介>

「大雨の避難先に「車で寝る(車中泊)」を検討・どこで?必需品は何?」

おすすめの一人用の防災セット