赤ちゃん授乳

赤ちゃんが生まれてほっとするのもつかの間、お母さんはきっとぐったりと疲れていることでしょう。

初めての授乳を経験する人にとって、赤ちゃんの扱いも未知のものなら、お乳を飲ませるというのも未知の出来事ですよね。

さあこれから始まる育児のスタートは、母乳を与えることです。

不安も大きいでしょうが、ちゃんとお乳を飲ませることができ、赤ちゃんも順調に成長していきますよ。

生まれて間もない赤ちゃんの授乳

生まれたばかりは眠ってばかりいます、だいたい一日のうち12~18時間ほどは眠っています。

最初の授乳時間は病院によって違いがあるようですが、とりあえず病院の方針通りにすすめます。

初乳はお乳の準備

最初の2日、3日のうちは本当のお乳は出ずに、初乳と呼ばれる液体が少しでるだけです。

たったこれだけでと残念におもう必要はありません。

赤ちゃんは最初の3日くらいはほとんどお腹がすかず、これから出るお乳を待っている時期なのです。

この時期はまだ吸わせる時間は短くてよく、5分程度が多いはずです。

乳首の準備もまだ整っていない時期です。

母体の体力を回復させるため、夜中の授乳をやめることも多いはずです。

赤ちゃんと同室ならいつも見ていられるので、赤ちゃんが欲しそうなときいつでもお乳をやることができます。

まだ十分にお乳がでないお母さんでも、赤ちゃんが目をさますたびにお乳をあげていれば、乳房をからにすることができるので、ゆくゆくは母乳の出がよくなります

赤ちゃんが新生児室にいて、決まった時間にしか赤ちゃんが部屋に来ない場合より、お乳の出は早くによくなって母乳育児のスタートとしては好都合でしょう。

お乳が出始める時

お乳が出始める時期や出方は、人によって違いがあります。

たいていは赤ちゃんが生まれて3日か4日たつころに出始めます。

二人目や三人目のお子さんの場合は、もっと早くにではじめることが多いです。

出始めがはっきりとわかる人もいれば、だんだんとお乳が張るようになって少しづつ量が増える人もいます。

赤ちゃんも最初はあまりお腹はすかないようで、目を覚ますことはあってもはっきりとお腹がすいたというわけでもないようなのです。

赤ちゃんがお腹がすくのは3~4日後

3日か4日経つと、赤ちゃんもハッキリとお腹を空かして目を覚ますといいます。

自然はとてもうまくできているものですね。

そして生後6日めくらいまでは飲みたがる回数が多く、日に10回くらいは飲みたがるようです。

でもこれはお乳の出が悪いからということでもなさそうなのですよ。

赤ちゃんが最初こんなに多くお乳を欲しがるのは、乳房に刺激を与えるためなのです。

お乳をたくさん出すための刺激を、吸うことで与えていて、お乳を出させる脳下垂体からのホルモンが、このころ強く働き始めることがわかっています。

最初のころはお乳が張りすぎているのでは?また足りないのでは?と気になるものですが、

ホルモンの働きも次第に整ってきて、今度は赤ちゃんの飲み加減によって、お乳の出方が決まってくるようになります。

とても自然な流れで、必要なお乳が分泌されるようになっていきます

生後第二週めは、まだ赤ちゃんがほしがるだけでないこともあります。

でも今後赤ちゃんのお腹のすき加減によって、どれだけのお乳を作ればいいかをお母さんの体はちゃんとわかるようになってくるので心配はいりません。

赤ちゃんの月齢が大きくなって、たくさんほしがれば、乳房でもそれに合わせてお乳をたくさん作れるようになるんですよ。

生後間もない赤ちゃんの嫌がることは

眠っている赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんでも、嫌がることがあります。

それは頭を押さえて無理に乳房の方へ向けさせようとすることです。

赤ちゃんは頭をおさえられることが大嫌いなのですよ。

きっとジタバタすることでしょう。

それからまだ嫌がることがあります。

それは両頬を指ではさんで、無理に口を開けさせようとすることです。

赤ちゃんは頬をさわられると、そちらに口を向けようとする本能があり、これは乳首を探す本能なのでどうしようもありません。

両方の頬を一度に挟むと、どちらに顏を向けていいのかわからずイライラしてしまいます。

飲んでほしいと思うあまり、顏を向けさせるのは赤ちゃんにとってストレス以外の何物でもありません。

飲みたがっているようなら、乳首を赤ちゃんの口に触れさせるだけです。

その時も本当に飲みたがっているわけでなければ、イヤイヤをするかもしれないですね。

まだお乳を飲む経験が浅く、どう振る舞ったらいいのか全くわからない赤ちゃんなので、お母さんがイライラしてもしかたありません。

他におむつがぬれていないか、暑くないかなど気遣って、辛抱強くお乳をふくませるなどしてください。

赤ちゃんも何度も経験するうちに、お乳を飲むのはどういうことなのか、どうやったらうまく飲めるのかがわかってくるのですから。

※三人の子育て経験と初孫へのアドバイス中の考えや意見です。