LaLa7.net

食事療法のひとつ糖質制限で健康管理ってどういうことでしょう?

スポンサーリンク

お刺身盛り合わせ糖尿病の治療で食事療法は大切な柱とされていますが、「糖質制限食」は、カロリーを減らす食事療法ではなく糖質を減らす食事療法です

近年実行する人が増えてきているのですが、まだ多くのデータが揃っていないということで不安もありますね。

しかしながら、糖質制限を始めた人の体重の減少、血糖値の正常化は、多くの実践者の実感として、ほぼ間違いなく良い結果が出ています。

「副作用がない」という点も素晴らしいです。

糖質制限を始めるにあたって心配な点がいくつかあると思いますが、主食であるパンや、ご飯、麺類に糖質が多いことから、それらをなるべく制限しようとします。

その場合、どれぐらいの糖質が入っているのかを知っていると、「これは食べるのをやめておこう」という気持ちが働きやすいです。

今の体重を維持するなら男の人なら1日の糖質の摂取目安は100g、女性なら80gです。これをまず念頭において。

主食を抜けば、一日でこれぐらいの糖質量未満で済ませることは容易です。

およそで良いのでどんな食事がどれくらい糖質があるかということをざっくり覚えておくと、とても便利です。

スポンサードリンク


覚えておきたい主な食事の糖質量

ラーメン一杯例えば、ラーメン一杯糖質58g。ざるそば一人前糖質60g。カレーライス糖質120g。

チャーハンは糖質103g。おにぎり1個で40g。チキンカツサンドは38g。

ベーグル一個48g。バナナは一本21g。

(カレーライス大好きですが、ラーメンの二倍も糖質ありですね。)

とてもヘルシーそうな和定食では、53gあります。

ヘルシーそうな和定食は、カロリー制限食としてはおなじみだと思いますが、ご飯、わかめと豆腐の味噌汁、納豆の和え物、卵焼きと大根おろしという、ヘルシーそうな定食で、全体で53グラムの糖質です。

やはりご飯の糖質量が多いということで、これだけの量になってしまいます。

ヘルシーと思われる和定食は、二食食べたらもう男性の一日の糖質量目安をオーバーしてしまいます。

そこで、糖質制限をするためには、それを糖質制限食に置き換えようという考え方で、体重減少、血糖値の正常化で健康を維持していくというのが、食事療法の1つの糖質制限食です。

スポンサーリンク

糖質制限食の例・主食なしでおかずを多めに

糖質制限ダイエット・メイン鮭のムニエルをメイン料理に副菜と汁物糖質制限食の主な食事は、主食をやめること、おかずを増やすこと、これが基本です。

食事でお腹いっぱいになるためには、主食を減らすだけだと、やはり空腹感は残ったままです。

今までご飯だった分をおかずを増やすことで補って満足感を得ていくので、栄養素を多くとれることにもなり、そのことは糖質制限食のよさだと思います

食事を用意する主婦は、おかずが増えるのでちょっと大変にはなりますが。

主食を減らすだけだとお腹がすいてひもじい想いをすることになります。しかし体重は確実に減ります。

ひもじい想いが続くと、さすがに長続きしませんから、継続できる範囲でおかずを増やすのが得策です。

主食をやめても、甘いお菓子やジュースを食べると、一気に糖質量が増えてしまうので、気をつけてくださいね。

糖質制限を始めるには確かな情報を得ておくのがいいですよ。おすすめの本はこれです

メタボに効く!糖質制限食のすべて 入門編(主婦の友社)



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top