LaLa7.net

腰痛もちにいいのが高反発マットレスのわけは・腰に負担がかからない?

スポンサーリンク

腰痛で腰をかばう女性後むき「腰がつらいなら布団を替えた方がいい」といわれ「高反発マットレス」をすすめられたという話、聞きませんか?

病院でも今や敷き布団は「高反発マットレス」を採用しているところが増えていますが、それは寝姿勢に負担をかけないためです。

腰痛の原因は人それぞれですが、現在の腰の状態を悪化させないことを考えると、高反発マットレスがよいという結論なんですね。

ではどうして「高反発マットレス」が腰痛もちにいいのか。腰痛が改善したという声も多いそのわけはいったい・・・

スポンサードリンク


高反発マットレスで腰が楽になるのはなぜか

「高反発マットレス」はその名の通り、高い反発力のあるマットレスです。

手で押さえても、足で押さえても、離すとすぐに元にもどります。(低反発マットレスの場合は手形や足形がついてゆっくり戻ります)

反発力の違いは、身体を横たえてみるととてもよく違いが実感できます。

低反発マットレスに身体を横たえると、布団に沈み込むようになり、包み込まれるような心地です。

一方高反発マットレスは、下から身体を押し上げるような支えられるような心地です。

慣れないうちは、マットレスから押し上げるような心地に違和感があるのですが、これも寝姿勢を考えると納得がいきます

自分では感じることしかできませんが、立っているときの腰の背骨のカーブが、寝た状態ではその半分くらいの背骨のカーブになるマットレス(敷き布団)がよいということが、厚生労働省の出している「eネット」という情報提供ページに公開されています。

「ベッドマット・敷き布団」の硬さ(厚生労働省「eネット」快眠のためのテクニックの情報ページより)

これは立った時の背骨の曲がり幅が4センチ~6センチなので、その半分の2~3センチになるとよいということです。

敷き布団に寝てみると、この2~3センチの背骨の曲がり幅というのは、いわゆる低反発マットレスでは実現しません。

低反発マットレスでは、どうしても胸部や腰部が沈みやすくなるので曲がり幅が大きくなります。

そして厚生労働省のページでは、背骨の曲がり幅が大きくなると「眠りにくいだけでなく腰痛の原因にもなります」と書かれています)⇒快眠のためのテクニック・よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係

すると腰に負担がかかり血行が悪くなるので、その負担を減らそうと寝返りが増えます。(寝返りが増えるということは、眠りが浅くなりやすいことにつながります)。

その後の寝返りであおむけに戻っても、胸部や腰部の沈み込みがあるため、またその負担を解消しなくてはならなくなります。

これが柔らかすぎるマットレス(敷き布団)ではおこりやすいということです。

では「高反発マットレス」の場合はどうか。

横になったとき背骨の曲がり幅が適切であれば、胸部や腰部に負担がないので、適度な回数の寝返りで済みます。

再びあおむけに戻っても背骨の曲がり幅は適切なままなので、寝ている間中腰への負担がすくないといえます

ですから、最初マットレスにあおむけで横になった状態がどうなのか、それが一番大切です。

「立った時の背骨の曲がり幅が4センチ~6センチで、その半分の2~3センチになるとよい」その最適な背骨の曲がり幅に近い状態にできる理由は、

「高反発マットレス」がマットレスの反発力によって、腰部にかかる重さ(圧力)を身体の全体へと分散(拡散)させることができるからです。

つまり腰部に負担がかかりにくいということになりますね。

「腰痛もちの人」や、「腰がつらい人」が、「高反発マットレス」をすすめられる理由はそこにあります。

しかし高反発マットレスなら何でもよいというわけにもいきません。

敷き布団(マットレス)は、他に「通気性がよく」「保温性がある」ものならさらによいからです。

そのほかどんな要素を求めるかによって、自分にあったマットレスは違ってきます。

スポンサーリンク

高反発マットレスの比較

「高反発マットレス」は理想的な寝姿勢が保持しやすく、腰の負担を軽くするので、敷き布団を替えたいならぜひ検討してほしいです。

下の表は「高反発マットレス」の中でも、品質のよいものを集めてそれぞれの良さを比較しました。

あなたに合うものは、どれが近いでしょうか。

商品名 通気性 保温性 サイズ(厚さ×長さ×幅) 直敷き 重さ
雲のやすらぎ 17×200×100 やや重い
モットン 10×195×97 3.4キロ(軽い)
13層やすらぎマットレス 27×196×97 重い

どれも1枚だけ敷くだけで眠ることができる品質のものです。厚いものほど重いです。

腰痛の改善に効果ありと販売者も購入者も言っているものです(全員が改善したわけではないです)。

私はモットンを使っていますが、だるさのあった腰は1週間ほどして感じなくなりました。

今2か月経ちましたが、腰の痛みや違和感は全く感じないです⇒「モットン」を使った感想(少しお待ちください)


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top