LaLa7.net

糖質制限ダイエットで調味料は何を使うと安心?

スポンサーリンク

野菜煮物糖質制限でダイエットをするにあたり、主食を抜くのに慣れてきたら、今度は調味料の使い方、味付け方法にも気を配っていきましょう。

例えば日本食の煮物に使われる「砂糖」「みりん」「日本酒」は、使わないか減らすようにしたい調味料です。

ご存じ砂糖は1グラムあたり1グラムの糖質がありますから、計算しやすいですが、使わないようにしたい調味料です。

みりんは100グラムあたり43.2グラムとかなりの糖質があるので、これも使わないようにしたいです。

煮物のときなど、どっと入れていた人にとっては、料理の味付けで戸惑いますが、何気なくう使っていた調味料に、糖質が案外多いのを知っておきたいものです。

そして反対に糖質制限でも使っていい調味料がどれか知っておくと、料理を考えるとき非常に役にたちます。

スポンサードリンク


避けたい調味料

おかず三種類がテーブルの上に料理には欠かせないを調味料ですが、糖質制限の継続のためには、避けたい方がいい調味料は以下のものです。

100グラム当たりの糖質量で紹介します。

みりん 43.2グラム

固形コンソメ 41.8グラム

甘味噌 32.3グラム

濃厚ソース29.9グラム

中濃ソース 29.8グラム

ウスターソース 26.3グラム

ケチャップ 25.6グラム

酒粕 18.6グラム

オイスターソース 18.1グラム

ノンオイルドレッシング 15.9グラム

たまりじょうゆ 15.9グラム 

ソース、ケチャップ、ノンオイルドレッシング、個人的には量をずいぶん使っているので、利用するときは少量にするか、別のもので代用できないかを考えていかなくてはと思っています。

スポンサーリンク

使ってもいい調味料

サラダにドレッシングをかけようとしている糖質量が少ない調味料は少ないですが、これらを利用して料理を工夫していきましょう。

100グラム当たりの糖質量で紹介します。

オリーブ油 0.0グラム

ごま油 0.0グラム

サラダ油 0.0グラム

有塩バター 0. 1グラム

マヨネーズ(卵黄) 1.7グラム

穀物酢 2.4グラム

生クリーム 3.1グラム

豆板醤 3.6グラム

マヨネーズ(全卵) 4.5グラム

日本酒 4.5グラム

フレンチドレッシング 5.9グラム

サウザンアイランドドレッシング 8.9グラム

糖質制限では、脂質を減らさなくていいので(脂質は血糖値があがらない)、油脂類をはじめマヨネーズはOKな食品です。

バターや生クリームもOK、酢を使うなら穀物酢が低糖質です

そうはいっても、マヨネーズを使いすぎないうにはしましょう。

マヨネーズ(全卵)のマヨネーズの場合、大さじいっぱいの12グラムで、0.5グラムの糖質なので、好きだからとジャンジャン使うと糖質が増えていきます。

糖質制限ダイエットで調味料は何を使うと安心?まとめ

糖質制限では、煮物に日本酒、みりん、砂糖を使ってこってりと甘い味付けをしてきた人は、味付け法を工夫していく必要があります。

比較的量を使う、ソース、ケチャップ、ノンオイルドレッシングにも糖質は多めなので、量を控えるなどしましょう。

バター、生クリーム、油脂類、マヨネーズは大丈夫です。

糖質制限のダイエットの場合は、糖質を控えるだけで、カロリーは気にしなくてOkです。

今までの料理法を見直したり、新しい調理法を加えたりして、シンプルでも美味しい糖質制限の食事を楽しんでくださいね。

糖質制限の食事をするにあたり、お肉類の味付けは、最初は塩だけ、塩コショウだけという味付けが、シンプルでも美味しくいただけると思います。

糖質オフの食品専門店『低糖工房』


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top