LaLa7.net

布団を洗濯・コインランドリー?業者丸投げ?再生させる打ち直しもあり

スポンサーリンク

赤ちゃんとお母さん布団の上で見つめあっている寝具のカバー類は家庭で洗濯できるものの、気になる大物といえば「布団」です。

「敷き布団」や「掛け布団」って大きいし重いしで、洗うにはどうしたらいいでしょうか?

これらも洗濯表示を見る限り、家庭での洗濯が可能(手洗いマークまたは洗濯機マーク)なものがあります!

ならば「洗おう!」と思っても、いざウチの洗濯機を見てみると、容量が足りなくて洗えそうもない。

っとそこでがっかりしなくて大丈夫です。洗濯機で洗えないなら、浴槽(バスタブ)で洗うという手があります。

ただとっても手間がかかります、やってみると分かりますが干すまでと干しあがるまでに時間がかかるんです。

洗うにあたっても、生地や詰め物が偏らないように洗わなくてはなりませんし、脱水や乾燥も自動的にはいきません

寒い季節にはとてもやりたくない仕事です。

また布団を乾燥させるにあたっては、一日だけでは足らないはずです。

自分で洗ってみて一番困ったのが、干しあがるまで2~3日かけて外気にあてなくてはならなかったこと!

洗ってすぐは使えないので、シーズンが終わってから、晴天が3日ほど続くのを予想して洗うことに。

まあただ、お金はかからないので、よいことはよいです。運動にもなりますしね。

さて、最近では布団が洗えるコインランドリーが登場していますから、これを使えば楽に布団洗いができますよ。

スポンサードリンク


布団が洗えるコインランドリー・メリットデメリット

布団が洗える「コインランドリー」って便利ですね。

近頃は大型の洗濯機を備えているコインランドリーも増えていて、布団や毛布、こたつ布団などを洗えるのです。

布団を運ぶには、車で運び込む必要がありますが、車への搬入ができればなんとかなります。

布団一枚で乾燥までして1,500円ほどが相場ですね。

費用はかかるものの、浴槽を使って、水切りや干す労力がかかることを考えると、まあ妥当なところでしょうか。

布団によっては中心部までしっかり乾いていないこともありえるので、できれば家に持ちかえってから一日干しておけるとしっかり乾きます。

そのため晴れの日にコインランドリーを利用してくださいね。

スポンサーリンク

コインランドリー利用で布団を洗うメリットデメリット

<コインランドリーで布団を洗うメリット>

・洗濯する、干す労力はほとんどかからない。

<コインランドリーで布団を洗うデメリット>

・コインランドリーまで運ばなければならない。

・費用が1,500円(一枚)ほどかかる。

・芯まで乾かない場合は日中干した方がいいので、当日は使えないこともある。

スポンサーリンク

布団丸洗い業者に丸投げする

さて、コインランドリーが近くにあって利用できればいいですが、そうでない場合はどうしたらいいかですが、その場合は布団を洗濯してくれるクリーニング店に出しましょう。

近くのクリーニング店で引き受けてくれるところは、「ふとん持ち込み」ができる旨PRしてあるはずです。

私の地域では工場が併設してあるクリーニング店で、お店にこんな張り紙がしてありました。「ふとん持ち込み指定店」とあるクリーニングの店舗ふとん持ち込みできるお店が近くにない場合は、受け取りに来てくれる業者を選んで依頼することになりますね。

送料無料で受け取りに来てくれる業者もあり、自宅で手渡しすれば、洗いあがって戻ってくるというサービスもあります。

持ち込みする方がお安いとは思いますが、布団はかさばり重たいものですから、取りに来てくれるのは便利です。

「取に来てくれて布団クリーニングできる」業者の価格は、一枚なら7,000円、二枚なら8,000円、三枚なら10,000円といった具合に、多いほど割安になっています。(およその目安です)

費用はかかりますが、最も便利で楽な方法です。

そのほかにも布団を洗った後、次のシーズンまで保管しておいてくれるクリーニング店のサービスもあります。

私の地域では少ないのですが、収納スペースがあまりない住まいもありますから、首都圏などでは広まっているのではないでしょうか。

打ち直しもある木綿布団と羽毛布団

白いシーツかタオルを干してる若い女性

「打ち直し」という言葉をきいたことがありますか?

木綿の布団の打ち直しは昔から行われていますが、現代では「羽毛の布団が打ち直し」ができます。

打ち直しというのは、へたった(弾力がなくなり薄くなる)布団をよみがえらせ新品同様にすることです。

木綿布団の場合は、主に敷き布団を打ち直ししますが、やり方はカバーをとって中の綿を出し、汚れを取り除いて硬くなった綿をほぐしたり除いたりし、新しい綿を足し、カバーを新しくします。

そうすることでまた何年か使用することができます。

昔からある木綿布団の場合は、打ち直しを何度か繰り返して使うのが当たり前でした。

一方、羽毛布団は主に掛け布団の打ち直しです。

「ふとんのリフォーム」と呼ばれることもあります。

へたってきた羽毛を洗浄して、新たに羽毛を足し、カバーを交換します

羽毛布団の場合は、リフォームは一度でおしまいのようです。

布団の打ち直しをすれば、新品同様になりますので、ふかふかした布団がよみがえり気持よく眠ることができるでしょう。

ただ費用はかなりかかります。

木綿の布団の打ち直しは、シングルの敷き布団で10,000円前後からです

一枚より二枚同時の方がお値打ちになるとことが多いです。

木綿の布団は打ち直し後に、座布団にしたり、ベビー布団にしたりと形をかえることもできます。(お店によりますが、別途料金がかかります)

注意したいのは、木綿100%の布団が打ち直しの対象で、ポリエステル混の場合はできないことです。

羽毛布団の打ち直しは、シングル掛け布団で20,000円前後~25,000円くらいです。

また羊毛敷き布団を愛用している方、羊毛100%の敷き布団は、打ち直しできる業者さんがありますよ。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top