鶏むね肉の野菜ロール お皿に盛ってあるところ

◆鶏むね肉の野菜ロール

太りたくないときのレシピでお助けなのは、やっぱり鶏むね肉ですね。

美味しく食べてタンパク質をたっぷりとれて、見栄えもなかなかの料理です。

ダイエットしたくても食べないのはちょっとつらい。

そんなときは野菜もたっぷりとれる、鶏むね肉をいろいろアレンジしてみましょう。

鶏むね肉は女性味方なので、そのポイントをまず。

鶏むね肉の栄養価

鶏肉には良質のタンパク質がたっぷり含まれています。

良質のタンパク質が含まれる食品というのは、身体に必要なアミノ酸がバランスよく含まれる食品のことで、鶏肉、豚肉、牛肉といったよく食べるお肉です。

その中でも脂肪分の少ない鶏の胸肉は、タンパク質の質もよいですし、同じ量を食べたとしても他のお肉よりカロリーが少ないのが特徴です。

だからカロリーを減らしたいと思っているダイエット目的ならば、絶対に取りいれたい食品なのです。

それに生産量が安定していてお値段もお値打ちでほぼ一定。

ぱさぱさ感をなくすひと手間

ただし、ちょっとパサパサしているのが食べにくさにつながっています。

それでもかまわないならそのまま煮たり焼いたりして調理すればOKです。

でもそのパサパサ感が苦手なら、少し柔らかくしておきましょう。

柔らかくする方法は、少量の砂糖、塩、みりんまたは水を加えて、3時間以上置いておくだけ

ビニール袋にお肉を移し替えて、やってみてくださいね。

鶏むね肉一枚につき、砂糖小さじ二分の一、塩小さじ二分の一、水20ccです。

簡単調理・鶏胸肉の野菜ロール

では調理にかかります。

保温調理をすることで、煮ている時間は数分で済んでしまいます。

鶏胸肉の野菜ロール・材料4人分

  • 鶏胸肉2枚
  • ゴボウ
  • ニンジン
  • 小麦粉
  • チーズ
  • 塩コショウ

調味料:ソース、みりん、醤油、刻んだ唐辛子、オイスターソース

作り方

ゴボウと人参は細い短冊に切って、軽くゆでて柔らかくしておく。

鶏むね肉の端から包丁をいれ、厚みのあるところを半分の厚さにして全体が平になるようにする。

フォークで外側にプスプスと穴をあけ、塩コショウし、外側だけ小麦粉を薄くまぶす。

鶏むね肉の野菜ロール 具材を巻いてラップでくるんだところ

◆鶏むね肉の野菜ロール 具材を巻いてラップでくるんだところ

ゆがいたゴボウと人参を置いて、巻き上げる。

ラップに包んで端を締める(キャンディーみたいにする)。

鶏むね肉の野菜ロール ラップに来るんだ後ビニール袋にいれる

◆その後ビニール袋に

これをちょうど入るくらいのビニール袋に入れて、口をしっかりとしばる。

鶏むね肉の野菜ロール ラップにくるんだ後ビニール袋にいれ鍋でゆでる

◆ひたるくらいのお湯でゆでる

ひたるくらいのお湯にいれて6~7分ゆでる(ふたをしておくとよい)。

その後、鍋ごと毛布や布団にくるんでしばらく放置

放置時間は、真冬で3~4時間。

好みのソースを作っておいて、フライパンで野菜ロールを転がすようにソースをからめる。

輪切りにして、残りのソースをかけて完成。

ソースはお好みでピリ辛またはトマト味

鶏むね肉の野菜ロールには、ピリ辛の味がマッチします。

びん詰のチリソース

◆びん詰のチリソース

写真のような市販のソースをアレンジしたソースも手軽です。

オリーブオイルとめんつゆ少しを足して今回ソースにしました。

肉が丸いので全体にからめるのが難しければ、輪切りにしてからかけるだけでもいいと思います。

ソースの味はトマト味も合うはずです。

トマト缶を利用して、みりん、塩コショウ、酒、鶏だしなどで調整しても、よいかもしれません。

下ごしらえした鶏むね肉は、かなり柔らかくなって食べやすいはずです。

お肉をもっと薄く切れれば、出来栄えがさらにきれいでしょう

お恥ずかしい出来栄えですが、あなたはもっときれいに仕上げてくださいね。

鶏むね肉の野菜ロール お皿に盛ってあるところ

今回のものはチーズが入っていません。

やはり入っていた方がおいしいですね。

チーズとほうれん草などの青い野菜を入れれば、お客様に出してもいいくらいの料理になるのではと思います。