白いTシャツを着た若い女性 花瓶の花を見ている

こむら返り(ふくらはぎがつる)の痛さ、辛いですよねぇ。

それが真夜中に寝ている最中に起きるのだから、このごろゆうつになっていたんです。

とはいえ毎日というわけではなく、忘れたころに時々おこるくらいです。

朝ふくらはぎが痛いのが気になることもたまにあります。

どうしたものかな、と思っていたところいい情報を見つけました。

こむら返りの対処法

これまではこむら返りの治し方は、「足の親指をそらす」と聞いていたので、それを実践していました。

しかしながらすぐには収まらず、何分も痛みが続いてようやく収まるという感じでした。

それが、もっと短い時間で対処できそうなのです。

寝る前にするこむら返り予防法(かんたんです)

その対処法は寝る前に、「足首を曲げる」です。

寝る前にとりあえずやって寝るようにしたところ、こむら返りは起こりませんでした。

とっても簡単でしょ。

寝るとき仰向けになりますよね、そのとき足首をまげてつま先を天井に向けるだけです。

横向きで寝る人も、足先を伸ばすのでなく足首を曲げて寝るようにします。

こむら返りがおこるのはなぜか

こむら返りがおこるのは、足首の腱と膝の腱が緩んだときです。

ですからまずは足首の腱がゆるまないよう、足首を曲げるようにします。

掛け布団の重みで足先をのばしてしまうと、ふくらはぎがつりやすくなってしまうのです。

このことだけでも覚えておくと、寝る直前には足首を曲げて寝ているので、こむら返りがおこりにくくなるという安心感も得られます。

こむら返りがおこったときの治し方

それでも夜中にこむら返りが起こってしまったら。

「足首の腱と膝の腱を緊張させる(つっぱる)と治る」と整形外科医の奥脇透先生が説明されていました。(国立スポーツ科学センター所属)

もう少し詳しくいうと、イタタタ~~と夜中にふくらはぎがつったら、まずつった方の足首をゆっくり曲げる。

そして次に膝を伸ばす。

これだけです。

これで足首の腱と膝の腱が緊張して、脳からのセンサーが働いて、ふくらはぎの筋肉が収縮するのを抑えるのです。

素人の私には理屈はよくわかりませんが、とにかく覚えておくべきは、足首をゆっくり曲げて、膝を伸ばすだけ

一方がつっただけでも、両足とも行うといいと奥脇先生はおっしゃてました。

それはもう一方もつりやすい状態になっているからだそうです。

こむら返りの原因

ベッドルーム

どうしてこむら返りを起こすのか。

原因がわかれば起こらないようにもできますから、その原因についても知っておきたいですね。

原因は三つあります。

  • 冷えて血行が悪くなっている
  • 筋肉疲労が起こっている
  • 軽い脱水状態にある

からだそうですよ。

激しく運動したあとは、ふくらはぎの筋肉疲労をとっておくといいですし、寝る前にも水分補給をした方がいよいとのことでした。

寝る前なら250~300ミリリットル水分をとってから寝るのがよいそうです。

私のこむら返りの原因は、冷えと、水分不足かな?

最後にまとめ

夜中は脳からのセンサーが働かず、腱が緩むことで、ふくらはぎの収縮が起こってしまうのだそうです。

夜中によくこむら返りを起こす人は、足首を曲げて寝るのをまず心がける。

そしてこむら返りが起きてしまったら、まずは足首をゆっくり曲げ、そのあと膝を伸ばします。

寝る前に体が冷えないように、できれば水分補給も。

※NHKあさイチ、20140610放送の要点とまとめ

※専門家アドバイス:整形外科医の奥脇透先生(国立スポーツ科学センター所属)