LaLa7.net

むくみ(水分)を追い出す食べ物で体リセット

スポンサーリンク

必要以上に水分をとってしまうと、水分は排泄されずにむくみとなって体重増加となって現れます。

水太りしやすい人は、塩分の多い食事をしている人に多く、余分な水分が体にたまりやすくなっています。

余分な水分はむくみとなって手、脚、顔にでやすいですが、中もでも脚にたまった水分はとても滞りやすいです。

夕方ともなると脚がだるい、靴下の後がつくなどむくみ症状が出てくることで気がつくようにはなりますが、体調の不良や脚が太くなる原因にもなるので、できるだけ余分な水分を体から早く出すようにしていきたいものです。

そこで、体内の余分な水分を出すのに活躍するのが、食品に含まれるカリウムという成分です。

カリウムは水分を直接排出するというよりは、塩分を排出する働きがあるので、水分を体内に保つ働きのある塩分が出ていくことで、水分も自然に出ていくことになります。

なのでカリウムのたくさん入った食品をとると、余分な塩分と水分は出ていってくれます。

塩分の多いものを食べ過ぎた(外食やインスタント食が続いたり、飲み会で塩分が多そうなものでもみんなと一緒に食べた)としても、あとでカリウムの多い食品を努めてとることで、余分な塩分を排出してくれるというわけです。

カリウムを多く含む食品のトップワンは、干し柿です。大きめの干し柿なら一個で570ミリグラムのカリウムがとれます。

次に無塩のトマトジュース、コップ一杯分の200CCで507ミリグラムのカリウムがとれます。

体の内側からの脚やせ他にカリウムの多いものは、焼き芋、食べられる量としては半分くらいでしょうか。干したあんず、柿、バナナ、キウイ、グレープフルーツなどにもカリウムが多く含まれています。

カリウムは果物に多く含まれていますが、糖分も多いので太めを気にする方は量は控えてくださいね。

そのほか、海藻類にもカリウムがたくさんはいっています。カリウムだけでなくほかのミネラルも入っているので、血液の流れをよくしたり脂肪をつけにくくする働きもします。

海草はカロリーがすごく少ないので、果物のように美味しくはないけれど、工夫をしてどんどん食ていきたい食品です。

水分とるだけでも太ってしまう気がする・・・というときは、塩分を取りすぎているかもしれない、そして水分が欲しくなってついつい水分もとりすぎてしまっている可能性があります。

そんなときは、努めて果物や海草をとるようにして、余分な塩分と水分を体から出してやるようにしてみてください。

余分な水分は下半身にたまりやすくなりますので、全身が太るというよりは下半身がより太くなりやすい傾向にあります。

カリウムの力だけで体の水分量が正常に保たれるというわけでもありませんが、下半身の水分を追い出しむくみを予防するのに、非常に効果的な働きがありますので、果物と海草は女性の強い味方といえそうです。

この記事の前のページに戻る⇒ 水を飲むだけで太ってしまう?太い脚の原因

長年の太い脚コンプレックスを克服した私の話⇒脚やせ成功物語


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
3 dummydummy dummy dummy