LaLa7.net

正しい立ち方(基本の立ち方)

スポンサーリンク

立ち方

自分の立ち姿を鏡で観察したことって、案外ないのではありませんか?

仕事で立ち姿を見られる人以外、鏡の前に立つときは、洋服のコーディネートのときばかりで、斜めから見たり、後ろを振り返ってみたりなど、動きのある動作ばかりになっているのではないでしょうか。

今まで脚のコンプレックスを抱えながらも、自分の立ち姿を観察したことのないあなたは、一度全身を鏡に映して、人にはどう見えているのか客観的に知るのもいいかもしれませんよ。

脚の欠点がわかってイヤなのは管理人も同じ、よくわかります。

でも、正しい立ち方ができていないと、これから先の歩き方やウォーキングの仕方にすべて影響してきます。歩き方は細い脚への近道ですから。

ぜひ、正しい基本の立ち方を知っておいてくださいね。

スポンサードリンク


正しく美しく立つために用意するもの

・全身が映る鏡

・体のライン、脚の動きがわかる、レオタードや水着、短パンなど。

正しい立ち姿勢の作り方

壁を背にして立ったとき、頭、肩、ヒップ、かかとを壁につけて立つ。

そのとき、爪先、かかとを揃え、膝を寄せ、重心はまん中に置く。

このとき膝がつかない人(管理人はつきません)は、爪先かかとをそろえて立ったら、腰を落として膝をまげ、中腰の姿勢になります。

その状態で膝をつけ、ゆっくりと腰と両膝をのばし、まっすぐな姿勢に戻ります。

このままの姿勢を頑張って維持します。

胸を持ち上げて(息を吸って胸を高くあげてみてください)この状態を維持して、肩の力を抜きます。

お腹を伸ばして(両手を思い切りバンザイしてから、手だけ下すとお腹が伸びています)、あごを引いて正面を向きます。

そしてお尻の筋肉にきゅっと力を入れます。

このようにして、正しい立姿勢をとってみます。

正しい立ち方のチェックポイント

姿勢がうまくとれましたか?

自分の鏡に映る姿を見ながら、以下のポイントを確認してみてくださいね。

まず正面から眺めてみて、一か所ずつポイントになるところを目で確認していきましょう。

・頭の先が上に引っ張られるような感じ。
・肩の力が抜けている。
・脇が締まっている。
・バストが上に持ち上がる感じ。
・おなかが上に引っ張られる感じ。
・おなかの下の方(恥骨とおへその間くらい)に重心がきている。
・親指の爪が正面を向いている。
・膝は寄せる、正面を向いている。
・かかとをつける。
・爪先はそろえる。

正面の確認が済んだら、次は横からみたときのチェックポイントです。

・まっすぐ前方を見ている。
・あごを引いている。
・背中は引き上げるような感じ。
・おなかを引っ張り上げる感じ。
・お尻の両側に力を入れ引き締める。
・両膝を合わせる。
・膝の後ろを伸ばす。

どうでしょうか?

この正しい姿勢をとったとき、今までの自分と違って見えませんか?

キツイ姿勢だと感じますか?

管理人が最初この姿勢をとってみたとき、脚がぎこちなく胸や背中の筋肉にぱーんと張りが出て、きつーく感じました。

「こんな姿勢、保っていられないよ」と思ったものですが、それだけ姿勢が悪かったのわけですね。

全部チェックするだけで、かなりキツイ姿勢だと感じられれば、それだけでも、今までの姿勢がいかにラクな姿勢をとっていたかがわかります。

素足でやってみて、うまくいったら次はパンプスを履いて、正しい姿勢をとってみてください。

かかとの高さは3~4センチのもので。

靴底が減っていないものを履いて、練習してみてください(外側や内側など一方にすでに癖がついている靴は正しい姿勢がとりにくいのでやめた方がいいです)。

全身の筋肉が疲れるかもしれませんので、最初は30秒とか1分とかから始めてください。

1日3分程度まで、毎日少しずつでも正しい立ち方・正しい姿勢をとってみて、自然にいつでもできるようになっていくのが理想です。

この姿勢がわかってから、本格的なウォーキングを始めるようにすると、よりいっそう脚の運びなどがうまくでき、脚を細くする効果も高まるようになりますよ。

 「自分の立ち姿勢はどうなっている?(ゆがみのチェック)」

 脚を細くするのに成功した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
3 dummydummy dummy dummy