LaLa7.net

水を飲むだけで太ってしまう?太い脚の原因

スポンサーリンク

「ダイエットしているのに、水を飲んだだけで太ってしまう」ように感じている人がありますよね。

私も一時期、そんな不満をかかえていました。

頑張って食事を減らしているのだから、体重が減っていくはずなのにそうでもなくて、空腹を飲み物でごまかしていたころ、食事制限している割にはぜんぜん体重に変化がない、どれどころかむしろ増えていくような気がしていました。

それってすごくおかしなことですよね。そんなおかしなことが時に起こってしまうのが私たちの体です。

当然のことですが、のどが渇いたなと思ったら、体は水分をほしがります。その要求にしたがって、お茶やジュースを飲んでのどの渇きを補います。

体に水分が補給され、満足できると、当然水分は欲しくなくなります。

こうして私たちの体は、体から出て行ってしまう水分を常に補いながら、一定の水分の量を保って、体を健康な状態にしようとする働きがあります。

それなら必要な水分を飲んでいるだけなら、太るというのはおかしなことです。じゃあそれはなぜか???

多分本当は必要ではないのに、お水を飲みたくなっている(水分が欲しくなっている)のではないか・・・・。

水を飲んだだけで太ってしまうと感じている人は、体の維持のためにとっている水分が多すぎるか排出される量が減っている・・・そんなことが考えられます。

体の水分を保つ働きが、ちょっと弱くなってしまっているとも考えられます。

体の仕組みは複雑なので、これだけという理由ではないのですが、一番大きな理由のひとつに、塩辛いものを多く摂りすぎていることがあげられます。

塩辛いものを食べると体の塩分の濃度が高くなりすぎ、薄めるために水分を体が欲しがります。

「塩辛いものなんて好きじゃないから、そんなに食べているわけがないわ」と思っていても、案外見落としがちな食品に、塩分が多く含まれていることがあるのです。

塩辛いというと、「イカの塩辛」「漬物」「魚の塩焼き」「お味噌汁」などが思い浮かびますが、見落としがちな塩分の多い食べ物には、ハム、ちくわなの練り製品、醤油やソースなのど調味料、ミートソースや冷凍ピラフなどの加工食品などがあります。

こうした塩分のことを知らずに食べていて、塩分を必要以上にとっているということがあるかもしれないのです。

体の内側からの脚やせこの中で頻繁に食べるのはよくないなと思えるものは、インスタントラーメンです。一食分で平均5~6グラムの塩分が含まれているんです。

スポンサーリンク


厚生労働省のすすめる塩分摂取量のめやすは、男性10g未満、女性8g未満なので、お昼にラーメンを完食すると、朝と夕の二食には、女性で3グラムほどの塩分に抑える食事をすると、健康的という計算です。

塩鮭を一切れ80グラムだけでも3グラムほどの塩分があるので、もう一日の塩分摂取量に達してしまっています。

知らずにとっている必要以上の塩分で、飲み物をもっとたくさん欲しくなってしまうというわけです。

そこでコーヒーやジュースでなくお水ならいいだろうと飲みますが、そのお水が多すぎる塩分を薄めるためにはいってきたものですから、そもそもの塩分の摂りすぎをやめれば、余分な水分も必要なくなります。

「お水を飲んだだけで太ってしまう」と感じている人は、まず食事の量よりも、塩分の多い食事をしていないかどうかを考えてみてください。

特にインスタント食品には、塩分が多く含まれていますから、控えるようにしてみるといいと思います。

体の内側からの脚やせお湯をいれるだけで食べられたり、レンジでチンするだけで食べられる、レトルトカレー、ミートソース、真空パックの味付けご飯、インスタント味噌汁、コーンスープなどに塩分が多く含まれています。(どれも美味しいですけどね)

外食も味が濃いものが多く塩分の多いものがありますから、丼物の汁は残すとか、できれば控えるようにするといいわけです。

本当に体が必要な水分だけをとっていれば、水を飲んだだけで太る?と感じることはなくなるのでは・・・と思います。

とはいえ加工品は美味しいし、好きですよね、それを控えるのは辛いこと、その気持ちもよくわかります。

じゃあ、少しは控えるようにするとして、それでも塩分水分を摂りすぎてしまったかもしれないと感じたら・・・・

「塩分と水分をしっかり出してしまう」ようにすればいいのです。

そのためにはこの食べ物⇒むくみ(水分)を追い出す食べ物で体リセット

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy