LaLa7.net

唇ケア・ガサガサ縦ジワを三日で解消・専門家伝授はワセリンとはちみつ

スポンサーリンク

唇のガサガサたてジワは三日で解消できる・専門家伝授の方法11月ともなると唇がガサガサになったり、めくれてきたりと唇のトラブルがおきやすいですね。

リップクリームでケアしているつもりなのに、それでもカサついたり皮むけしてませんか?

秋冬でもぷるぷるの唇でいたい!なんとかなんないの?っと思っていたら、皮膚科の先生がこんないい方法を教えてくれました。

なんと、唇の「かさつき、皮むけ、くすみ、縦ジワ」の四つの悩み解消していく、すごい方法です。

それも三日で解消できて、使うのはワセリンとはちみつだけ

では「潤いをキープできている唇」になるにはいったいどうするか・・・

スポンサードリンク


唇にリップ・グロスの落とし穴知ってました?

唇のかさつき、皮むけなどに悩んでいるなら、皮膚科医の吉木先生の伝授するこの方法を試してみましょう。

その前に唇の特徴を知っておくと、ケアしやすくなりますよ。

実は唇は、顔の皮膚と同じように扱ってはいけないんです。

というのも唇は、他の皮膚とちがって、一番外側の「皮脂膜」がないのです。

皮脂膜がないので、乾燥した空気や水分で荒れやすくなってしまうのです。

それからリップですが、UVカット入りや香料入りのものが多いですが、これらの成分がデリケート唇の刺激になってしまうのです。

健康な唇の人はいいですが、荒れている人はリップクリームはやめるべき(吉木先生)なんだそう。

グロスはカサカサを隠してくれていいような気がしますが、艶出し成分(増粘剤)は刺激が強いので、これも荒れている人はお勧めしないそうですよ。

リップクリームもグロスも、よくないんです。

唇の荒れを悪化させる行為

ペケの札をもった若い女性それからまだあります、唇にとってよくないこと。

普段の何気ないくせや行為ですが、これもカサカサ唇をさらに悪化させていることになるんです。

  • めくれた皮を手ではがす・・・皮膚の黒ずみを招く、後からよけいむけてきて悪化させる
  • 食事のあとティッシュでこする・・・皮膚の黒ずみを招く、乾燥させる。
  • 舌でなめる・・・唾液の酵素などが刺激になって荒れやすくなる。

どうでしょう?心あたりがあれば、やめた方がいいです。

唇のケア方法はこんなに簡単だった

皮膚科医の吉木先生、健康なぷるぷる唇を保つ方法を教えてくれました。

  • すでにカサカサしている人は、リップをやめてワセリンにする。
  • グロスもやめて、口紅かワセリンを混ぜた口紅に。
  • 洗顔用のクレンジングはやめて、オリーブオイルで口紅をやさしく落とす。

こうすることで、荒れたカサカサ唇とはさようならできます。

唇は3~4日でターンオーバーしているそうなのです。

すごく早いですね、皮膚は28日周期でいれかわっていますからね。

ワセリン大と小ワセリン(小)は50グラム入りで持ち運びに便利なサイズ。大きいのはお得。

これを実践されたモニターさんは、水分蒸発量が多く保水量の少ないカサカサめくれる唇が、たった3日のケアでつるつるの唇になっていました

もう少し具体的なケア方法

もう少し詳しいやり方ですが、ワセリン(薬局で売ってます)を食後3回と朝夜の合計5回つけます

口紅と同量程度のワセリンを混ぜて使用します。

口紅を落とすときはオリーブオイルでやさしく落とします。

口紅の色素がしみこんで沈着してしまうことはないので、安心していいそうです。

唇の縦ジワは「はちみつ」で解消できます

唇に特化したケア商品もいろいろありますよね。

スクラブや美容液も利用されているかもしれませんね。

ところが、スクラブは表面が乾燥しやすくなってしまうので、やめた方がいいそうです。

縦ジワそのものは、赤ちゃんにもあって「余剰皮膚」といわれ、口が動くのにどうしても必要な余分の皮膚です。

こえが「シワ」として見えるものがあります。年齢があがると、縦ジワが乾燥とともに気になりだしますね。

乾燥でシワが深くなって、ひどくなると割れていく、、、痛いですね。

そこで吉木先生の3日で改善する方法です。ハチミツの除菌効果を利用したものです。

はちみつでたてジワ解消の具体的な方法

  • ハチミツと同量のワセリンをまぜて、唇に塗ってラップで覆います。
  • 5~10分待ってラップを取ります。
  • 仕上げにワセリンを塗ります。

これを日に一回、3日続けるだけ。それでプリプリの唇に。

縦ジワにお悩みの46歳の平栗さんが試されてましたが、表面がなめらかになって縦ジワが気にならなくなっていましたよ。

縦ジワは下唇にできやすいですし、ぱっと見が気になりますが、この簡単な方法で改善できちゃうんですね。

ハチミツはできるだけ純粋なものがいいとのことです。

40代以上の唇メイク方法

口紅を塗る女性40代以上のメイクの達人の西島悦さん(ヘアメイクアップアーティスト)による唇のメイク方法です。

スキンケア

具体的な唇メイクの方法

ハナの穴の真ん中をおろしたところに、上唇の山をえがきます。

上唇と下唇の厚さの比は 1:1.5 になるようにします。

 

  • リップペンシルで形を整える、リップペンシルは斜めに寝かせるように使います。
  • ハケにとって、笑顔を作って中もムラなく塗りつぶします。(シワをのばしながら塗るということですね)

口紅の薄い色はシワを目立たせてしまうので、唇の色にあった中間色がよいです。

すごく乾燥している人は、リップペンシルは周囲だけがよいそうです。

健康な唇の人は、リップペンシルで中も塗りつぶすと、シワ目立たずきれいな仕上がりになります。

グロスは健康な唇であれば使ってかまわないです。

以上のようにすれば、三日で「唇のカサカサ、皮むけ、くすみ、縦ジワ」のお悩みかサヨナラできるんです!

なお、唇が青いという方、血行が悪くて青くなってしまうので、全身運動をして血行を促進させる、冷たいものは食べない、血液をさらさらにする青魚を食べるなどで、改善できるそうです。(吉木先生アドバイス)

3日で唇の悩みを解消できる、とっても役立つお話でした。ありがとうございました。

メイク法でシワを目立たなくする方法

2013年11月13日(水)NHKあさイチを参考にしました。


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
3 dummydummy dummy dummy