シミ・シワ・たるみ イラスト 団塊スタイル

若いころのままのお化粧法では、ちょっと隠せなくなってきたお顔の悩み。

一番のお悩みは、シミ?シワ?それともたるみ?

小さい悩みならすぐにでも解消できそうな、プロのコツがあるのですって。

しりたいですよね。

今日はそのポイントだけまずお知らせしますね。

シミかくしのメイク方法

ピンクのチューリップとカスミソウ

まずはシミ隠しのメイク方法です。

それは、化粧下地を使ってシミを目立たなくすること。

化粧下地を顔全体に点々とのせて、スタンプを押すようにお肌になじませてから、中指と薬指の先で上方向にむかって広げていきます。

眼と鼻のまわりは丁寧に。

その後、ファンデーションを少量、顔全体にスポンジでつける。

さらに、シミのあるところに、コンシーラーを。

薄いシミはファンデーションと同じ色でそっとのせるようにする。

シワ隠しのメイク方法

シミ・シワ・たるみ イラスト 団塊スタイル

次にシワ隠しのメイクの方法です。

シワを隠すには明るい色のコンシーラーを利用。

  1. 細い刷毛のようなタイプのもので、ほうれいせんなどの大きいシワにのせる。
  2. それを指でトントンとたたきこむようにする。
  3. その後パフェでなじませるようにする。

化粧下地を使うことでファンデーションを少量にして、うす付きの自然なメイクにすると仕上がりがきれいになります。

シワをメイクで解消すると、こんな風にかわります。

シミ・シワ・たるみ イラスト 団塊スタイル

 

シミ・シワ・たるみが気になる年齢になったら、肌を明るくして、眼周りをくっきりさせるメイクが「大人のメイク」。

シミやシワ隠しメイクで、お顔全体が明るくさせて、最後に眼をくっきりさせるメイクを。

眼をくっきりさせるメイク方法

まず眼の周りのくすみを消すために、まぶたの上眉毛までの全体にアイカラーをつけます。

こうすると明るく輝くように。

そしてアイライナーのペンシルで、上まぶたのふちに線を引き(じわじわと描くかんじで)、リキッドタイプのもので、黒目のはじまりから目尻にシューっと線を引く。

目尻の最後は爪先をつかって、わずかに上向きにはねる。

マスカラでまつげにボリュームをもたせる。

こうすると、垂れ眼がちな眼もはっきり大きく見えて、眼力がグーンとアップします。

以上は眼の錯覚を利用したメイクの方法で、ヘア・メイクアップアーティストの小林浩未さんに教えていただいた内容をまとめました。

(NHK団塊スタイル20131018放送)。