LaLa7.net

リンパの流れと働きを理解しよう

スポンサーリンク

マッサージ

体の中にはリンパ液という液が流れていて、顔やせや脚やせなどで聞いたことがあるかと思います。

知らない人は読んで理解しておいてくださいね。

スポンサードリンク


リンパ管・リンパ液の働き

リンパ管は体のいたるところに張り巡らされていて、その中を透明なリンパ液が流れています。

リンパ液は二つの大きな役割をもっています。

一つはよく知られている、病原体を取り込んで、リンパ節という節目のところで攻撃してやっつける働きです。

かぜをひいたときに、のどにあるリンパ節が腫れているのは、そのためです。

もうひとつの働きは、毛細血管から染み出た酸素や二酸化炭素、老廃物、水分を取り込んで、リンパ節に運び、リンパ節で浄化する働きです。

体の端の方から順次運ばれていったリンパ液は、最終的には、鎖骨のリンパ節を通って、心臓へ向かう静脈と合流します。

ですから痩身や美容の面からみると、リンパは老廃物を運んでくれる大切な役割があるということで、着目されているんです。

自分では動けないリンパ液

リンパ管は体の端にいくほど細くなっていて、「毛細リンパ管」と呼ばれています。

「毛細リンパ管」は、体の中心部に向かって太くなり、それがいくつも集まるところで、リンパ節という浄化する節目を通過するようになっています。

リンパ液がすーっと流れてくれれば問題ないのですが、リンパ液は速度がとても遅くて、それ自体ではリンパ液を流すことができません。

周りの筋肉や血管の動きの助けを受けないと、リンパ液が流れないのです。

 

体の中で不要になった老廃物(ごみ)を運ぶのは、静脈の働きと同じですが、リンパ管では、血管に回収しきれなかった大きなごみを運んでくれるので、リンパ液がスムーズに流れるということは、非常に大切だと思えます。

そのため、リンパ液の流れを促すために、マッサージをするといいんです。

足の静脈やリンパの流れは、特に遅くなってしまうので、静脈の流れを促すのと、リンパ液の流れを促すのを、マッサージですすめるというわけです。

その結果脚のむくみがとれやすくなり、脂肪を寄せ付けにくくすることにつながります。

じゃあその次に知っておくべきことは 「脚マッサージのタイミング」

 失敗を繰り返してきた下半身デブの管理人の「脚やせ成功体験談」


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
3 dummydummy dummy dummy