LaLa7.net

最高のバランスボールを選ぶ3つの要素・安心安定のアンチバーストタイプを

スポンサーリンク
アンチバーストタイプのバランスボール白
アンチバーストタイプのバランスボール白

バランスボールは「やせる」「健康になる」「腰痛改善」などの効果が知られてますね。

座り仕事の多い私も、「座っているだけでやせる」というので買ってみました。

ただ「これ!」と決めるまでに、すったもんだ検討しまくって迷いました。

どうせ買うなら、最適で最高のバランスボールを買いたいですからね。

検討を重ねたので、おかげで自分にぴったりのバランスボールを見つける方法がわかりました

ここを外さないようにすれば、安心で安全な自分にぴったりのバランスボールを手にいれることができますよ!

スポンサードリンク


最高のバランスボールを決める要素は三つ

バランスボールの上にのってフィットネス
バランスボールの上にのってフィットネス

買い物って失敗したくないですね、 たとえバランスボール1個だとしても自分にピッタリなものを見つけたいと思いました。

調べていくうちにこの三つの要素をおさえることが最も重要だとわかりました。

スポンサーリンク

最高のバランスボールを決める要素その1

自分の体にあった大きさのものを選ぶ、これがまず最初にしなければならないこと。

自分に合わないと痩せにも運動にもなりません。

目安は「バランスボールに腰掛けた時に、膝が90度に曲がるサイズのバランスボール」が自分にぴったりのサイズになります。

このサイズでいくと、

身長 バランスボールの大きさ
150センチ以下 45センチ
150センチ~165センチ 55センチ
165センチ~185センチ 65センチ
185センチ以上 75センチ

165センチの人だと、迷いますね。55センチだと小さすぎる?65センチだと大きすぎる?と。

そうしたはざまの身長の人は、バランスボールのサイズを決めるのをちょっと待ってください。

要素2と3を決めて購入するお店を決めてから、最終判断をしてください。

最高のバランスボールを決める要素その2

バランスボールを使う目的は、痩せるためだけでなく、ストレッチや運動といった側面もあります。

座るだけとか座ったままでできる動きだけなら、激しい動きもないので、大きさだけ気にすればいいのですが、ストレッチや運動目的であれば、バランスボール自体の安全性が必要です

バランスボールはビニール製で中に空気を入れて、ゴムまりになっているわけですよね。

もしも鋭利なものにあたるなどして傷がつく、あるいは弱って使っている最中に穴があくと、空気が一気に抜けていきます

空気が一気に抜けると、 ぺしゃんこになった勢いで体がどこかに打ち付けられたりしたら、大怪我をしてしまいます!

そんな危険性をはらんでいるという事を考えると、 バランスボールの安全性はとても大切だと思うんです。

傷がついたり穴が開いても一気に空気が抜けるようなことのないバランスボールを、安心して使い続けたい。

であれば、空気がゆっくりしか抜けないそのため危険性がないというバランスボールは、アンチバーストタイプのものになります

ボールそのものの内側に特殊な加工がしてあるので、 突然穴が開いたとしても、 ゆっくり空気が抜けていきます

安全で安心してバランスボールを使うためには、 アンチバーストタイプのものを選ぶべきだと思います。

(アンチバーストのバランスボールは、2000円ぐらいからあります)

最高のバランスボールを決める要素その3

最後の3つ目ですが、それは「色」です。

一番小さいサイズのバランスボールでも 直径45cmです。

一度膨らませるとそのまま部屋の中に置いておくというのが普通の使い方ではないでしょうか。

その都度空気を抜くのなら良いのですが、置いておくとなると、 部屋の中でかなりのスペースをとることになります

そのため自分が気に入って使える色で あることと同時に、 部屋に置いておいても 邪魔にならない色、 またはインテリアとマッチした色が絶対よいです

私は 色選びで3日もかかってしまいました。

椅子として使う時の机との違和感のない色、 ストレッチや運動のとき気持ちよく使える色、ここのところはすごく悩みました。

そして「よしこの色にしよう!」と決めた色が、注文のところで「品切れ中」となっていたので、がっかりです

しばらく待ってみましたが、ちっとも商品ラインナップされないので、 諦めて 第二希望の色にすることになってしまいました。

他のお店を探しても、一番欲しい色がなかったのです。

お店によって色は3種類しかなかったり、8種類あったりと様々です。

なのでほしい色があることが、最優先かもしれません。

以上バランスボールを決めるときの絶対外して欲しくない 3つの要素

1 サイズ
2 安全性 (アンチバースト)
3 色

そしてこれらを 満たすもので最も お値打ちなものということになりますよね。

最初のサイズのところで、どちらがぴったりなのか迷う身長の人は、購入を決めたお店の「お客様の声」を読んでみてください。

同じようにサイズで迷った人の声がのってるはずですから参考にしてくださいね。

私は身長 160cmなので、 直径55cm バランスボールを選びました。

価格が高い方がよいけど安くてもよいものもある

安い価格帯のもので気をつけたいことがあります。

それは「耐荷重がある商品」を選ぶことです。

身体をのせてバウンドさせるなど、激しい動きを考えると、300kgの耐荷重があるものがよいです。

4000円以上するものでは、耐荷重が300キロを超えていますが、高い=品質がよいのは当たり前ですよね。

でも探すとちゃんとありましたよ。

アンチバーストタイプ なので安心して思いきり激しい運動もしみたいと思います。

ちなみにお値段ですが、 税込2138円(耐荷重300キロ)

アンチバーストタイプのものでないと、 1200円くらいからあります。数百円の差で安心感が違うと思い、アンチバーストのものをお勧めします。

ホームセンターで売っている1500円から1800円相当のものは、 アンチバーストタイプではありません。

届きました!壁が白いのでホワイトをえらびました。

アンチバーストタイプのバランスボール白
アンチバーストタイプのバランスボール白
アンチバーストタイプのバランスボール届いたときの様子
アンチバーストタイプのバランスボール届いたときの様子

箱に入って、空気いれつき、ピンは三個、ピン抜き一個入り。

今の机の椅子としては高さが少し足りないので、下に座布団を一枚かませて椅子として使っています。

(キラ子)



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top