LaLa7.net

下半身の引き締めに「10分ポスチュアウォーキング」運動なし

スポンサーリンク

ポスチュアウォーキング「ポスチュアウォーキング」なら10分間意識して歩くだけで、下半身の引き締め効果が絶大だそう。

考案されたのはポスチュアスタイリストのKIMIKOさん。

ポスチュアの意味は「姿勢」です。

ポスチュアウォーキングというのは正しい姿勢で歩く歩き方で、他の特別な運動はなし。

歩き方だけで下半身を引き締めて、スラリとした体を作ってしまうのです。

歩くだけで?まさか?と思いますが、

「正しくあるくと脚やお尻はもちろん、お腹や背中、胸、首にいたるまで全身の筋肉を使うので、必ず体が変わっていきます」とKIMIKOさんは断言しています。

ということは・・・1時間とか長時間んウォーキングをしても、ほとんど引き締め効果がなかったのは、意識せずに歩いていたっていうことなんですね!

「筋肉を使いながら正しく歩く」ということがどんなことなのか。

KIMIKOさんのいう体の全身の筋肉を使った歩き方を解説しますね。

スポンサードリンク


運動なしなのに痩せるウォーキングの秘密

ポスチュアウォーキングの基本の立ち方特に下半身痩せに効果が出るのが「ポスチュアウォーキング」ですが、その方法を紹介します。

まずは歩く前の基本の立ち方をおぼえましょう、これが大切です。

  • 顏をあげてあごをひき、あごと両肩を結ぶ三角形の頂点を高く保ちます。
  • 背筋を伸ばして胸を開き、デコルテラインを意識します。
  • おへそが縦長になるようにイメージします。
  • 骨盤は立てるよう意識します。
  • お尻とふとももの後ろ側の肉を引き上げるようにします。
  • 太もも、ひざ、ふくらはぎを中央に寄せます。
  • かかとをつけてつま先はこぶし一個分あけます。
  • 頭の重さと重心はかかとに置くイメージです。

この立ち姿をとると、背中の肩甲骨の間には、天使の羽根のような谷間ができ、

お腹がキュッと引き締まり、お尻もグッと上を向く感じになります。

かかとの向きがお尻の形を決定するそうで、かかとは必ずつけるようにしてください、すると引き締まったお尻になります

他に誰かいればみてもらって確認してください。

横から見ると頭が背骨の上にのっている感じで、くるぶし、ひざ、股関節、肩、耳が一本の線上に並んでいるのが正しく立てている証拠です。

毎日10分で体の筋肉が目覚める

ポスチュアウォーキングの特徴は、「後ろ重心」にあります

体の後ろ側の筋肉を使うことで、ヒップアップや脚の引き締め効果が抜群なんです。

お尻のラインを復活させたい人!

ワンサイズ小さいパンツをはきたい人!

下半身をスリムにしたい人!はトライしてみる価値ありです。

ポスチュアウォーキングは一日10分行うのを目安にしています。

ですが正しい歩き方をしているうちに、自然に一日中姿勢を意識するようになるので、日常生活に全身運動が加わることになります。

すると、体のあちこちに嬉しい変化がやってきます。

使われていなかった筋肉が使われることで、筋肉痛も当然最初は起きます。

そこを乗り越えると引き締め効果が表れてきて、気分も明るくなるはずです。

正しい歩き方は美しい歩き方でもあります。

立っていてキレイ、歩いてキレイ、なんていいですね。

という前置きはいいにして、ポスチュアウォーキングの歩き方はどうやるのでしょう?

ポスチュアウォーキングの歩き方

ポスチュアウォーキングポスチュアウォーキングの歩き方、最初はゆっくり確かめながらやってみてくださいね。

  • まず重心は後ろに置き、背筋をのばして頭は背骨の上にのっかるように。
  • お尻を引き締めて歩きはじめはももを軽く上げることから始めます。
  • 前に出す脚のひざをまっすぐ伸ばしてかかとから着地します。
  • 背筋を伸ばして腰を立てて後ろ重心を維持します。
  • 足をそらせすぎず自然な角度でかかとから地面に足をつけます。
  • かかとからつま先に向かって足裏を徐々に地面につけて踏みしめます。
  • そしてお尻を持ち上げるように意識して、足指の付け根あたりで地面をけります。
  • 一歩を踏み出したら、後ろの足指の付け根で床を押すようにしてけり、前の足に体重をのせていきます。
  • このときそけい部(ももの付け根)と後ろの足の膝裏をのばします。
  • 目線はいつもより2センチ上で。
  • 腕は腕の付け根からまっすぐ後ろにのばし、肘は引き締めます。
  • そのとき指は内側にいれます。(肩は前後に振らない)
  • 両ももをこするようにして歩き、ひざは正面に向け、ひざとかかとが常に体の中心線上をたどるように歩きます。

ポスチュアウォーキング最初は筋肉痛

ポスチュアウォーキングの正しい歩き方をやってみると、体のあらゆる筋肉を意識することになります。

背中もお腹もお尻も脚も、顏の位置も目線も、あれもこれも意識しなくてはできません。

でもじきに慣れてきます。

慣れればスムーズにできるようになると思います。

ウォーキングの方法は今までもいくつか勉強してきましたし、試してもきました。

くらべてみると、ポスチュアウォーキングはこれまでのものより、下半身の引き締め効果が大きいと感じます

後ろに重心を置くので、使いにくい後ろ側の筋肉がほどよく刺激されるのがわかります。

試しに10分間歩いてきました。どうもまだぎこちないのか、全身緊張してしまいました。

ほんのり筋肉痛になったのが、お尻、背中です。

全身の緊張感を保って歩くので、最初はゆとりがありません。

下半身の引き締めに「10分ポスチュアウォーキング」運動なし・まとめ

まっすぐな姿勢を意識して、筋肉は内側に寄せるように意識して歩くポスチュアウォーキング。

今までのウォーキングより引き締め効果が高いと感じます。

10分間を毎日続けることで全身の筋肉が目覚めていき、活動量が増えていくのがわかります。

全身の筋肉が効率的に動くことで、代謝があがり筋肉がきれいに発達していきます。

ポスチュアウォーキングによってワンサイズ下のパンツがはけた、見えなかったお尻のラインが復活したなど下半身やせを願って実践した人が効果を実感しています。

特に気をつけることは、腕を後ろに振り、胸を張りお腹お尻を引っ込めることを忘れずに。

毎日続けると体が覚えてくれて早く楽になり早く引き締め効果がでます

やはり毎日の実践で変わるということですね、頑張りましょうね!

脚やせ成功物語・ふと足歴30年涙の克服体験談


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy