江戸切子のペアグラス 田島硝子製

切子のペアグラスはプレゼントに喜ばれているベスト3です。

特に結婚祝い、結婚記念日の銀婚式(25年)、真珠婚式(30年)などに喜ばれています。

つまり若いカップルにも中年以降の熟年夫婦にも、「仲よく幸せに」という意味を込めて贈られるようですよ。

切子のグラスは、とてもラグジュアリーな気分になれる高級なグラス

だから日常で使うときも、ついうれしくなると思うのです。

でも贈る方としては、お値段が気になりますね。

だって一個でなくペア、二個なんですから。

そこで切子のペアグラスのお値段をまず調べてみました。

江戸切子のペアグラス・お値段の相場

江戸切子のグラスのお値段、一番お安いので税込み10,000円くらい。

一番高いので税込み30,000円くらい。

売れ筋は税込み15,000円くらいです。

スポンサーリンク

値段の幅が大きい理由

江戸切子のペアグラス 木箱と伝統工芸の表示

10,000円と30,000円では三倍も違いますね。

その違いはどうしてかというと、カットの複雑さとグラスの大きさです。

ガラスのカットが複雑であるほど、お値段が高いです。

そして大きいものほどやはり高いです。

グラスの大きさは、ぐい呑み程度の大きさからマグカップほどのものまであり、どうしても材料・手間・カットの多さにつながるからです。

選ぶときに気をつけたいグラスの用途

選ぶときは、どういう用途でグラスを使うのかをはっきりさせてから。

冷酒やを使うかによて、適したグラスを見極めて。

切子のグラスの大きさはだいたいこの三種類になります。

  1. 「ぐい呑み」の大きさ
  2. 「オンザロック」の大きさ
  3. 「マグカップ」の大きさ

主にお酒をのむときに切子のグラスを使うと思いますが、どういう呑み方が好みなのかを知って決めたいですね。

贈る相手の方にどうしても聞けないときは、「オンザロック」の大きさがおすすめです。

オンザロックだけでなく水割りにも向きますし、お酒だけでなくちょっと気分よく使いたいときに、ジュースやアイスミルクなどを飲むのにも使えます。

記念に「名入れ」をするならいくらかかる?

せっかくの贈り物、お二人の名前を刻みたいということであれば、2~3000円ほどプラスして名前を入れて差し上げるのもよろこばれるでしょう。

ただカップルにそれぞれ名入れをするのはちょっと特別なので、探してみましたがやってくれるお店が少なかったです。

単品のグラスに名入れをするのは、やってくれるお店は多いです。

もらう方の立場になってみると(個人的には)、名前はない方がいいかな。

のむときいつも自分の名前が見えているのは、ちょっとどうかなという気がします。

スポンサーリンク

切子とは何?

江戸切子のペアグラス 赤い方を手にとって

なぜ切子のグラスが人気なのか、それを知るには「切子」そのものを知っておくといいですね。

女性はスタイリッシュなグラスが好きですが、色やカットも切子のグラスは素敵です。

見た目の美しさは、「切子」という技術から生み出されています。

作り方の特徴

「江戸切子」の作り方は、透明硝子器の表面に色硝子を被せ、ダイヤモンドの研磨機でカットを入れて模様を掘り出します。

繊細で丹念に磨き上げられたカットは、技が冴え美しい光を放ちます。

機械化が進んではいますが、現代でも江戸切子の大半の作業は手作業で行われています。

明治の中期には、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されています。

江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定平成14年には国の伝統的工芸品にも指定されています!

光の屈折による虹色のきらめき、本当に美しいですね。

「薩摩切子」との違いについて

田島硝子株式会社伝統工芸江戸切子 のペアグラスについていた説明書

◆田島硝子(株)伝統工芸江戸切子 のペアグラスについていた説明書

「薩摩切子」は薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したガラス細工で、カットグラス(切子)のこと。

薩摩ビードロとも呼ばれていた、現在は復刻生産されています。

色をかぶせるガラスに厚みがあり、重厚感が特徴

「江戸切子」との一番の違い

「江戸切子」との一番の違いは、カット後の色ガラスの残り方です。

  •  江戸切子は色ガラスの部分が薄く、カットした後はカットした透明な部分と色つきの部分の境目がシャープになっている。
  • 薩摩切子は色ガラスの部分が厚いので 、カットすると境界の部分がグラデーションのようになる。

「薩摩切子」ペアグラスのお値段

調べてみたところ、「江戸切子」より高かったです。

ペアグラスで税込み40,000円くらいから65,000円くらいまででした。

切子グラスのお手入れについて

贈って喜ばれればそれでOKですが、一応お手入れについても参考までに。

<切子グラスのお手入れ法>

  • 柔らかいスポンジや布などを使って洗う
  • 食洗機は使用しない
  • 急な温度変化に弱いので熱いものはもちろん冷蔵庫に入れるのもNG
  • ほかの食器との接触で割れやすいので気を付ける
  • 重ねるのは厳禁
  • 油汚れのものと一緒に洗わない
  • 拭く時も柔らかい布で丁寧に優しく行なう

江戸切子のペアグラスは贈り物として人気が高いです。

特に女性ならきっと喜んでくれるはずです。

でもお酒を呑む人向け。

たいていは木製の箱に入っていますが、確認をしてみてね。