うなぎのかば焼き

「ひつまぶし」はどうやって食べるの?と聞かれたので、先日お店に行って確認してきました。

というのも、名古屋あたりでは「ひつまぶし」と何気なくいうものの、「ひつまぶし」は名店「あつた蓬莱軒(ほうらいけん)」の登録商標。

そこであつた蓬莱軒で「ひつまぶし」をいただいてきました。

おひつにどっさりとうなぎの蒲焼が敷き詰められてどーんと出てきます

では早速、「ひつまぶしの」の食べ方、そして「うなぎの蒲焼」ってどうしてかば焼きっていうの?ということも。

「ひつまぶし」の食べ方

あつた蓬莱軒の「ひつまぶし」

「ひつまぶし」には薬味と出汁がついてくるので、何度かに分けて違う味わいを楽しみます。

その方法は、

まずはじめに、おひつの上からしゃもじで縦横に十字に分けます

おわんに四回に取り分けていただきます。

ひつまぶしの食べ方
  1. 一膳めはそのままうなぎの味を楽しむ
  2. 二膳めは薬味を加えて
  3. 三膳めはお茶漬けにして
  4. 最後は好みの方法で

    と「あつた蓬莱軒」の店内に食べ方なるものが掲げてあります。

    薬味は刻みネギと千切りののり。

    あつた蓬莱軒の「ひつまぶし」はおひつの下の方にも焼きうなぎが入っていますよ!

    (あつた蓬莱軒のひつまぶしは税込み3,900円)

    スポンサーリンク

    「たれ」を頼めることもある

    このままで十分美味しいのですが、濃い味好みなら「たれ」を頼んでもOKです。

    この日は「秘伝のたれ」を少しかけていただきました。

    「ひつまぶし」を出すほかの店でも、「たれ」がテーブルに置いてある場合もありますし、なければ頼めるところもあります。

    それはお店によって違います。

    普通うなぎやさんには山椒がありますが、あつた蓬莱軒さんでは山椒は出てきませんでした。

    食べ方にはそこまでこだわらなくても

    三種類の食べ方は、それぞれとてもおいしいです。

    薬味をのせて、そしてお茶漬けにしてと、かば焼きの美味しさを変化をつけて楽しめます。

    四つに分けることで最後はそのままで、という流れですが、私は最後はお茶漬けが好みです。

    ですから薬味、漬物、出汁を好きなように使い分けて、好みで食べればいいと思います。

    いずれも美味しいのは間違いありません。^^

    スポンサーリンク

    「うなぎの蒲焼」かば焼とはどういう意味

    うなぎの蒲焼、焼いているところとお皿にもったところ

    かば焼きというのは、身の長い魚を開いて、中骨を取り除き、串をうち、素焼きしてから濃厚な味をつけて焼いたものをいいます。

    照り焼きの一種。

    その味は、濃い口しょうゆ、みりん、砂糖、酒などを合わせたもので、とろみがあり濃厚な味です。

    かば焼きは江戸料理の一つで、伝統的な郷土料理です。

    「たれ」は秘伝としているお店が多く、代々伝わり変わらぬおいしさを守っています。

    ひつまぶしのように食べる「うなぎの釜めし」

    うなぎ釜飯、薬味や土瓶吸つき

    ◆うなぎ釜飯、薬味や土瓶吸つき

    先日「うなぎの釜めし」なる料理をいただきました。

    かば焼きしたうなぎが釜めしになっているのです。

    そしてこれを「ひつまぶしのように食べてください」ということで、おいしい出汁と薬味がついてきました。

     

    うなぎ釜飯、薬味、土瓶吸、漬物

    一膳めはそのままいただき、二膳めは薬味と出汁をかけていただきました。

    会席の最後のご飯なので、二膳分の釜めしでした。

    わさびやのり、出汁で、とてもあっさりと最後は食べられます。

    もちろん、最後にそのままをいただくのもいいですよ。

    最後に

    「ひつまぶし」と名のつく料理は、お店によって「おひつ」に入っていない場合もあります。

    ご飯にたっぷりの蒲焼がのって(細かくきざんである)、薬味と出汁がついたものをどこも「ひつまぶし」と称しています。

    お値段は本家のあつた蓬莱軒で税込み3,900円、ほかに有名なしら河でも似たような値段です。

    また名古屋市内には、「ひつまぶし」を食べられるお店はほかにもあります。

    だいたい2,800円から3,500円です。

    「ひつまぶし」は名古屋駅にお店が多いですよ。

    愛知県名古屋市熱田区神戸町503 あつた蓬莱軒本店