LaLa7.net

砂糖スクラブで乾燥肌がしっとり肌に劇的改善!お風呂でできちゃう

スポンサーリンク

ひじかかとなどカサカサ肌改善砂糖スクラブ砂糖とサラダ油だけで、カサカサ肌がしっとり肌に変わる「砂糖スクラブ」の威力を見せつけられました!

NHKあさイチで1月22日放送されていたもので、4週間使ったあとの結果がすごかったです。

砂糖は皮膚の表面を改善する働きがある!ってどういうこと!?

実験は5人の肌のカサツキに悩む20~50代の女性5人が4週間砂糖スクラブを使った結果です。

乾燥肌が改善する「砂糖スクラブ」の作り方、つけ方とは・・・

スポンサードリンク


「砂糖スクラブ」の作り方

乾燥肌を改善する「砂糖スクラブ」の作り方はいたって簡単。

上白糖1:サラダ油1 の割合で混ぜる

「砂糖スクラブ」の付け方

  1. お風呂に入り、湯舟につかる。
  2. 湯舟からでたら、砂糖スクラブをカサつく皮膚につける。
  3. 砂糖の粒子が溶けるまでなじませて、そして洗い流す。

これを4週間続けます。

4週間後の実験結果

乾燥肌改善ひじしっとり女性 4週間後調べると、どなたもみなさん皮膚状態が大幅に改善していました。

特にすねの乾燥は 大幅に改善していました。

かかとがガサガサの人も、 ひび割れが大幅に改善し、角質層が薄くなって弾力が増していたのがはっきりわかります。

角質の水分量がすべての肌部分で改善。
皮脂量については大きく改善。

乾燥肌が「砂糖スクラブ」で改善する理由

砂糖は表面を修復してコーティングする働きがあるため。

砂糖そのものは皮膚の中に入っていかない。

砂糖は皮膚全体を修復するしてくれるので、外からの刺激に反応しなくなり保水力が高く維持されます

乳幼児の肌改善にも

乳幼児へのシュガースクラブをしているドクターがあります。

やはり4週間使うと、水分も弾力も皮脂量も大幅にアップします。

また皮膚の湿疹も改善するのがわかっています。

砂糖は傷を治すことが医学的に証明されていて、乾燥したり傷ついた皮膚を治すことができるのです!山口求さん(藍野大学元教授)

サラダ油でなくてもオリーブオイルなどでもOKです。

※油が肌に合うかどうか、必ずパッチテストをしてください。

※手作りシュガースクラブは敏感な赤ちゃんの肌や、顔などに使用するのはやめてください。

砂糖とサラダ油だけで、乾燥肌がしっとり肌に変わるという、衝撃的な話題でした!

とにかく砂糖の肌の修復力には脱帽です、すごーい!!


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top