LaLa7.net

洗顔用の石鹸で小鼻の毛穴掃除・簡単で効果のある方法です

スポンサーリンク

お肌のトラブルにはいろいろとありますが、実際どんなお悩みで悩んでいまか?
くすみ、しみ、しわ、など、あげていけばきりがないほど、肌のお悩みはどんどん出てくると思います。
それだけ、女性のみなさんは今の自分の肌に満足していないのでしょうね。
年齢が上がっていくに連れて、その悩みも上がるようですが、それでも諦めてはいけません。
スキンケアも、出来ることを確実に行っていれば、今より状態は改善されるはずです。

スポンサードリンク


小鼻の黒ずみを石鹸で改善するには

たとえば、小鼻です。
みなさんの小鼻は、絶えずきれいになっていますか?
小さなブツブツが気になったり、毛穴が詰まって、ざらついていたりしませんか?
小鼻の汚れは毛穴のつまりであり、溜まっていくと肌が小さなブツブツと黒ずんで見えますよね。
これそれでは素顔に自信が持てないばかりか、お化粧の際、それをわからないように隠すために苦労します。
そういうとき、みなさんはどのように小鼻の汚れを取りますか?
鼻に塗りつけるパックや、毛穴シートなど、改善のための商品も様々売られているようですが、毎日の洗顔もそれがお掃除でききれいになるのです。
毎日、洗顔で使っている洗顔用の石鹸をお持ちだと思いますが、それで小鼻の汚れを掃除してください。
普通の洗顔方法ですと、洗顔用の石鹸を泡立てて取り扱うことが基本だと言われています。
たっぷりの泡をひとまず作ってから、次いで顔を包みこみ、やさしく洗う、これの洗顔方法がふさわしい方法ですよね。
ですが、小鼻の汚れはお掃除言うと頑固な汚れですから、そんなきめ細かい方法では減らすことが出来ません。
小鼻の汚れ、これはキッチンで言ってみると、ガスレンジ周りの頑固が油汚れというところでしょうか。
小鼻の小さなブツブツは、皮脂が毛穴に詰まって汚れているのです。
それを除くためには、一通りの洗い方だけでなく違う洗顔用の石鹸の使い方を通してみましょう。
では、その方法をご紹介します。

小鼻の黒ずみをとる洗顔の仕方

まず、顔をぬるま湯でサッと洗います。
お風呂に入ったときについでに洗顔しても良いですね。
そうして、肌を適度に湿らせたら、小鼻に直接、洗顔用の石鹸を塗ります。
泡立てずに、直接、付けるのです。
この時、洗顔用の石鹸は固いままではないと意味がありません。
水分を含んでしまった柔らかい洗顔用の石鹸ではダメです。
洗顔用の石鹸に角の部分があれば、そこを使って、小鼻に石鹸をすりこみましょう。
お洗濯で言うと、襟の汚れに元々、液体洗剤などを塗ってからお洗濯すると汚れが落ち易いですよね?
それとおんなじ原理で、洗顔のまえに頑固な汚れのある小鼻には直接、石鹸を塗ってみてください。
先に、洗顔用の石鹸を小鼻にすりこんだら、後はいつもと同じように洗顔します。
通常通りに泡立てて、顔をすすぎましょう。
どうでしょうか?
割と簡単に出来ますし、普段使っている洗顔用の石鹸で出来れば、新しく何かを購入する必要もありません。
「いちご鼻」で悩んでいる人にお勧めの手法洗顔方法なのです。
これで、つやつやとした小鼻に戻れます。
そうして、時に小鼻のお掃除を通して、それまでたまった皮脂を省くことも、肌を健康に保つ秘訣ですね。
頻繁に行うとそれも肌にダメージとなりますから、やりすぎには注意が必要でしょう。


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top
3 dummydummy dummy dummy