LaLa7.net

血糖値をあげるのは糖質だけ、では糖質には何があるかというと

スポンサーリンク

中年断デイの手にいたわりの手を当てている様子糖尿病という病気は、 血液の中の糖の量が著しく上がってしまう病気です。

血糖値が高い状態が長く続くと血管の内側が傷つけられて、様々な重い病気を引き起こす原因になってしまいます。

そこで糖尿病だとわかった人が行う治療法は、血糖値を下げる治療、同時に血糖値を上げない食生活 をすることが中心になってきます。

これまで日本で行われてきた糖尿病の人に対する食事指導は、栄養のバランスを十分に考えた三食の食事をとること、高カロリーにならないようにすることという内容でした。

ところがこの食事内容では、血糖値がある程度低くなったり改善することはあっても、正常な範囲に留まり続けるという、糖尿病が完全に治ったと言える状況になるのは、なかなかないと聞きます。

スポンサードリンク


「血糖値をあげるのは糖質だけ」

それは血糖値を上げる食品をとっているためだと思われます。

現在主流のカロリー制限食は、糖質(炭水化物)を多く取るので、食後の血糖値が大幅に上昇するのは避けられません

そのことを糖質制限食の第一任者江部康二先生は、常々仰っています

大幅に血糖値が上がると膵臓に無理な負担をかけることになって、インスリンがうまく働かなくなります。

そのためインスリンの注射や、血糖降下薬を服用して血糖値を下げるというわけです。

ですが この方法長く続けていると、ある日突然深刻な合併症を起こす人が増える一方である、 「糖質をとってあがった血糖値を薬で下げようとするほど死亡率が高まる」という最近の海外の研究が報告されているそうです。

これは薬で糖尿病が治るというものではないということではないでしょうか。

「血糖値をあげるのは糖質だけ」であると分かっています。

ですから糖尿病の 心配のある人は、 糖質を取らないようにするのが病気の改善のために、とても大切なことになります。

この時肝心なのは「脂肪やカロリーとは糖質は無関係」だということです。

「糖質」と一言で言っても何か分かりにくいので、具体的に並べて確認してみます。

スポンサーリンク

糖質の多い食べ物にはどんなものがある?

和の定食糖質の多い食べ物をざっくり並べていくと、

ご飯 パン ラーメン うどん  これらは主食としてお腹も満たす食材です。

パンやご飯では、白米、精製された白いものの方が糖質が多いことがわかっています。

その他、そば、バナナも糖質が多い食品です。

甘い、おまんじゅう ケーキ チョコレート あめ  などの甘いお菓子類。

糖分の多い、 甘いメロンやスイカなどの果物  ドライフルーツ 果汁100%ジュース

糖分の入った炭酸飲料水

これらが糖質が多い食品です。

日頃見慣れているいるし、よく食べている食品ばかりかと思います。

ジュースやお菓子を制限する習慣は 太りすぎを気にしている人にとっては、間食を減らすと言う意味で実行されてる人もいるとは思います。

しかしながら ご飯パン麺類といった主食級の食べ物については、ほんとうに?っと疑いたくなってしまいますね。

低カロリーでなく低糖質という食べ方

低カロリーの食事をとっていても、食後に血糖値が上がる理由は、ご飯パン麺類を食べているからに他なりません。

一回の食事で糖質を20g 以下に抑えると血糖値の上昇があまりおこらない、または緩やかに上昇することが分かっているので、糖尿病の人の糖質制限の食事については、主食を減らすのが近道です。

糖尿病の人に関わらず メタボで痩せた方がいいと言われている人と、特に中高年の男性に向けて書かれた本「 おやじ必読! 愉しく続ける糖質制限ダイエット」には、 働き盛りの男性が、糖尿病の改善、ダイエットできる方法をやさしく解説しています。

納得の一冊なので、 体重ダウン、下腹が引っ込む、血糖値が下がる、血圧が下がる、いいことずくめの糖質制限食を実践されたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top