LaLa7.net

不機嫌(イライラ)を断つ方法・メンタルをきたえる感情の書き出し

スポンサーリンク

不機嫌イライラ、ストレスを解消する方法「また上司に叱られた、お客さんにクレームを言われた!!!」

そういうこと、ありませんか?

それも納得のいくものならいざ知らず、むちゃくちゃなクレームだったりするときも。

そういう理不尽なことがあると気持ちがイライラして、一日中怒りっぽくなってしまったりしますよね。

こうしたイライラ感が、はたから見ると「不機嫌そう」に見えるんです。

スポンサードリンク


はけ口がないイライラをどうする?

本人は「不機嫌」でも周りはなんでイライラしているのかはわからない。

本人だけが知っているイライラだって、はけ口が見つかるまでは気持ちはおさまりません。

そんな「不機嫌」=「イライラ」を、毎日蓄積していけば、ストレスがたまってしまうというものです

不機嫌(イライラ)の解消法は「揺れない心」

そんな「不機嫌な状況」を解決していくには、「揺れない心」を持つことが大切。

「揺れない心」を持てるようになると、ストレスをため込むこともなくなりますよ。

これは先日「ストレスを断つ!」という新聞特集で、アスリートにメンタルトレーニングをしている先生がアドバイスされていたことです。

メンタルの面をトレーニングしていくことは、すでにオリンピック選手をはじめスポーツ選手にとっては当たり前になってきていますね。

だから一般の私たちにも有効なはずです。

アドバイスしていらした先生はつじ・しゅういち先生。(先生の経歴は下に)

不機嫌をごきげんに、心を変えには書き留める

つじ・しゅういち先生によると最も大切なことは、不機嫌をかかえて揺れ動く心に気づいて、ごきげんの方に向けること

心をごきげんにするには、不機嫌の感情にまず気づいて、書き留めるとよいそうです。

「不機嫌」を具体的に言うと、

  • イライラする
  • 余裕がなくて焦る
  • 何かにとらわれ集中力を欠く
  • 心がざわついている

など、「心の状態具体的に書き留める」とわかりやすいですね。

自分の感情に気づき脳の働きを知る

まず手帳を出して一日を振り返ります。

そのときどんな感情があったかを書き留めます。

これって、自分の感情を見つめるってことですね。

出来事でなくあくまで自分の感情を書くんです。

  • むかつく
  • 面倒くさい
  • がっかり
  • くよくよ
  • 焦り
  • つらい
  • 悔しい
  • 不安
  • 心配だ
  • いらっとする

そんな感情です。

こうして感情を露わにすることで、心を不機嫌にする脳の働きに気づくようになります

例えば、雨が降ると傘をさすのですが、そのとき「うっとうしい雨だな」とか、

例えば、上司に叱られたらいやな思いをしますが、「嫌な上司だな」とかの思いが出てきても、

雨や上司に意味をつけているのは、脳がそう働くからなのだそうです。

うっとうしい雨、嫌な上司という意味のついた天気や人物はいないのだと、気づけるようになる。

そうなると不機嫌さも減っていき、感情をコントロールすることができるようになるのです。

自分の感情をさらけ出すって、あまりやりませんね。

自分だけが見るものなので、試してみるといいですね。

すぐに「ごきげん」へと気持ちは変わらないとは思いますが、自分の感情を知ることが落ち着きへと変化する。

そういう手法があるんですね。

つじ・しゅういち先生

応用スポーツ心理学とフロー理論を基にしたメンタルトレーニングによるパフォーマンス向上が専門。

セミナー講演活動は年200回以上。

黒縁メガネで、温和な笑顔が素敵な先生です。

「スラムダンク勝利学」とか「自分をごきげんにする方法」など多数の本を書かれていますよ。

メンタル・トレーニングの第一人者が明かす 一生ブレない自分のつくり方 (大和出版)

これがおすすめ、つじ・しゅういち先生の書籍


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy