LaLa7.net

「紫外線じわ」の原因は?予防と解消法を知っておきたい

スポンサーリンク

「紫外線じわ」という種類の顔のしわがあります、ごぞんじでしたか?

名前の通り、紫外線が原因となって現れる顔のしわになります。

紫外線を浴びたからと言ってすぐにしわになるのではなく、5年後、10年後と年数が経過して忘れたころに現れるしわになります

私達の肌の奥深くに有る「真皮層」という場所には「コラーゲン」、「エラスチン」と呼ばれる成分が含まれています。

この成分が繊維の様に複雑に重なり合って肌の土台として働いています。

そうした土台のお陰で、私達の肌にハリを出しているのです。

スポンサードリンク


肌の土台を壊す紫外線

ただしこの土台が紫外線によって壊されてしまう事で、ハリや弾力を失ってしまい、肌にたるみが表れてしまいます。

それを解消しないまま放っておいてしまうと、そのまま肌のたるみが見た目によれて、顔のしわとなってきつく刻まれていく事に繋がるのです。

肌回復が遅くなる30代以降

通常、紫外線を浴びても肌の交替で回復してくれるのですが、その回復する能力も30代を境に衰えていきます。

またひとまず紫外線を浴びた肌は、その記憶をますます残していると言います。

若い年代では肌の回復機能の方が勝っている為、先ず回復している様に見えています。

ですが、30代以降になりその機能に衰えが生じる様になると、その記憶が呼び起されてしまい顔のしわやたるみを作って仕舞う事になるのです。

紫外線対策は一年中

紫外線対策は一年中更に紫外線も夏の紫外線だけでなく、一年中降り注いでいる紫外線の方が肌を傷付けやすいと言われています

顔のしわの原因が分かる事で、解消や予防をする事が出来る様になりますので、将来の為にもしっかりと知識を付けておく様にしたいですね。

紫外線ケアは季節によって使い分けで

「紫外線」による顔のしわを事前に予防する事も、事後にケアする事もとても重要です。

とは言っても一年中おんなじ予防方法ではいけません。

季節によって適切な予防方法を行う必要が有ります。

断然オススメは一年中、日焼け止めをしっかりとまんべんなくつける事です。

春から夏にかけてとか、レジャーに行く場合は、とりわけ紫外線が強くなりますので、効果が強い日焼け止めをつける事ですね。

秋から冬にかけては紫外線が少々減るので、夏よりは弱めの日焼け止めをつける事です。

そうして季節によって、合った日焼け止めを取り替える事で、肌に負担をかけずに顔のしわの予防をする事が出来ます。

紫外線対策・浴びたあとの解消法

次に紫外線を浴びてしまった後の解消法を紹介します。

まずはビタミンCをしっかり補給する事がとても大切になります。

どうのようにビタミンCをとるかというと、

  • 野菜や果ものからとる
  • ビタミンCがたっぷりと含まれている化粧水を、シワができやすい部分にしっかりと付けるよゆにする
  • サプリメントとしてビタミンCをとる

等が主に挙げられます。

しかしビタミンCは水溶性ですので、体には溜まらず直ぐに体外に排出されてしまいます

そのため毎日ちゃんと補給してあげる事が、とても重要になります。

紫外線は予防も大切ですい、その後のケアも大切です。

シワをつくらない対策として、早めの対応をすることがとても大切です。


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy