海鮮鍋で下半身もあたため「脚やせの食事」秋冬には鍋ものを

海鮮鍋のセットと鍋にいれる野菜3種類

◆海鮮鍋のセットと野菜

「海鮮鍋」は体を温める食品を多く使っていますね

特に秋冬は、冷え性を自覚する人にとって、体をあたためる食事をしたいですね。

体を温める食事はいつも心がけてとりたいと思っていて、「鍋料理」にすると体全体がぽかぽかと気持ちよくなってくるので、私は大好きです。

今日はスーパーで海鮮鍋のセットがお値打ちだったので「海鮮鍋」に決定です。

体を温める食材

この中で体を温める食品としては、

  • 赤身の魚の鮭
  • 海老

たら、鯛、かわはぎ、ホタテ、そしてハマグリもあって、種類的には満足です。

海鮮鍋の作り方

海鮮鍋のセットと鍋にいれる野菜3種類

<海鮮鍋の材料>

  • 魚介類は3種類くらいあるといいですね(セットになっていると便利)。
  • 菊菜
  • ネギ
  • 白菜
  • 人参
  • 厚揚げ
  • 豆腐

<味付け>

味付けは、白だしと塩とごま油

魚や海老などが煮えたら、素早くアクを取り除いて味付けします。

そして野菜を加え(人参だけは下茹でしておくか魚介と一緒に煮る)、煮立ったらできあがりです。

味付けの工夫

今回は「白だしと塩とごま油」で味付けしましたが、昆布と白みそまたは薄口しょうゆで味付けすることもあります。

魚介のうまみが出てスープがおいしいので、薄い味付けで十分です。

シメは雑炊がぴったり

塩味を濃くし過ぎないようにして、シメの雑炊をいただくとよいと思います。

シメの雑炊は、塩味を少し加えて調整します。

卵を割りほぐして混ぜこんでも。

魚介のうまみがグッときいた極うまの雑炊になります!

こってり味を息子たちが希望するときは、ごま油を多めにしてこってり感を出すようにしています。

お肉が好きな人でも、海鮮鍋はきっと喜んでもらえると思いますよ。

もちろん脚やせにつながるよう、下半身のあたため効果を期待していただきます。

アツアツでいただくので、汗がじんわりでてきます。

鯛が思いのほか脂がのっておいしかったです。

たらより鯛の方が鍋に向くんじゃないかと思えました。

ご馳走さまでした^^。

脚やせ
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました