大根の葉の混ぜご飯(しらすのせ)と煮物と揚げ物

脚やせには大根の葉の栄養も大きな助けになると思います。

体の健康的な代謝には、ビタミンとミネラルが欠かせないので、これらを多く含む野菜のひとつ大根の葉は、積極的にいただきたい食材です。

家庭菜園をやっている叔父から、無農薬野菜をときどきいただく機会があります。

先日は土から抜いたばかりの大根を、まとめていただきました。

葉の部分も新鮮なので、いつも調理して食卓にのせるようにしています。

なかでも混ぜご飯は、家族の皆がよろこんで食べてくれます。

葉の緑ができるだけ鮮やかなままにしておくと、見た目がとてもよいですよ。

家庭料理なので季節のもので入手しやすいものばかりで調理しています。

大根の葉の混ぜご飯の作り方

用意するもの(お米2合分)

  • 大根二本分の大根の葉
  • 揚げ2枚
  • ちりめんじゃこ少々
  • みりん
  • しょうゆ

作り方

大根の葉の混ぜご飯の作り方

◆大根の葉と揚げを煮るところ

大根の葉の固い茎は除いて、1~2センチほどの長さでざく切りにする。

水少々のはいった鍋に、切った大根の葉を入れて少し煮てから、切った揚げをいれ1分煮る。

大さじ1杯のみりん、大さじ1杯のしょうゆ、塩ひとつまみを入れ味を整える。

水分が多すぎればふたをあけて飛ばす。

大根の葉の混ぜご飯の材料が煮えたところ

◆大根の葉と揚げが煮あがった

冷めるまで置いて味が浸みるのを待ってもいいですし、熱いまま炊き立てのお釜に入れ混ぜ込んで混ぜてもOKです。

今回はご飯の炊き上がりまで待ちました。

ちりめんじゃこをのせて完成

白米に混ぜ混んで、お茶碗に盛りちりめんじゃこをひとつまみのせて、完成です!

大根の葉の混ぜご飯完成 しらすをのせている

◆ちりめんじゃこをのせ大根の葉の混ぜご飯完成

大根二本分の葉を使っているので、こんなにたくさん入れる!?と驚くほどですが、

煮るとカサが減ってしまい、そんなに多く感じません。

ご飯との割合を見ると、それでも葉っぱ多すぎじゃない?と感じる方は、大根1本分の葉でも。

私としては大根の葉を、家族にたくさん食べてもらう機会でもあるので多めに入れています。

ほんのり甘味のある大根の葉は、食欲も増進する美味しいまぜご飯になります。

その他のおかずにイカフライと煮物

大根の葉の混ぜご飯(しらすのせ)と煮物と揚げ物

◆おかずはイカフライと煮物

大根の葉のまぜご飯に合わせたおかずは、イカフライと煮物です。

煮物はかぼちゃと人参。

かぼちゃも脚やせ促進効果が期待できる食材なので、これもなるべく食卓にのせたいと思っています。

そうそう写真に入っていませんが、一夜干しの秋刀魚も用意しました。

一人暮らし経験のある息子が、「2階から降りてくるだけで夕食ができているって、ありがたいと思う」みたいなことを食べ始めてからつぶやいていました。

脚痩せ効果のある食べ物をと食卓にのせるわけですが、バランスのとれた食事になっているのではと思います。