脚のむくみが簡単にとれる方法・2分半泳ぐ

白いTシャツを着た若い女性 花瓶の花を見ている

脚のむくみがだんだんと悪化。

だるさや脚全体の太さが気になりだしたので、これはなんとかしなくては!っと、いろんなものを調べていました。

そんなとき、むくみを取り去るマッサージ法というのを知ったんです。

やった~♪と喜んで、そのマッサージ法を続けていました。

でも、けっこう面倒なものでもあるんですよね、マッサージって。

で、そんな折のことです。

もっとスゴイ「むくみが簡単にとれる方法」を知ることができました!!

水泳ならたった2分半

水泳 泳ぐ プール

 

これはスゴイので、早速私も試してみましたが、はっきり言って、効きます。^^

その「むくみが簡単にとれる方法」なんですが、これ信州大学の大橋先生という先生の教えです。

NHKで朝やっている「あさイチ」という番組で紹介されていました。

むくみは、ふくらはぎの筋肉を使うことで、一気に解消されていくんです。

今まで流れていなかった静脈の血液が、どんどん流れるようになっていったのには驚きました。

もったいぶってないで、その「むくみが簡単にとれる方法」です。

↓↓

「平泳ぎでもバタ足でもいいので、2分半泳ぐ」のです。

2分半でいいんです、それ以上やっても効果は同じですから。

なぜ泳ぐとむくみがとれるのか

なぜ平泳ぎやバタ足なのかというと、平泳ぎにしてもバタ足にしても、水の中では重力がなくなるので、動かした脚の筋肉の働きで、むくみの水分が上半身に運ばれやすくなるからです。

重力がなくなるのって、水中以外にはないですよね。

それに水圧がかかるので、スパッツみたいに外からの圧迫効果もあるので、さらにいいということでした。

2分半のバタ足なんかで???と疑っていましたが、

実際泳いで測ってみたら1.5センチ太くなっていたふくらはぎが、1.2センチ戻っていました!!

 

でも、でも、でも、一日の仕事が終わったら、プールへ行くのがいいというわけですが、2分半泳ぐためだけにって、ちょっと行けないですよね。

そこで、もっと手軽に自宅にいながら、同じような効果のある「むくみが簡単にとれる方法」はないものかと、誰もがかんがえますよね。

で、その方法も、信州大学の大橋先生は伝授してくださいましたよ。

足首を動かすだけの運動でもOK

それは、台所で立っているときなど、足首を軸にして足指の先を上げ下げするというもの。

これを先生は「足首ピョコピョコ運動」と先生は言っておられました。

これを1時間に10回くらいのペースで行うと、静脈のもどりがすごくいいのです。

簡単なことなので、思い出したらやってみるといいですね。

脚やせ
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました