LaLa7.net

静電気を除去する方法(アルミホイルで静電気撃退)

スポンサーリンク

寒くなってくると服を脱ぎ着するときや、玄関のノブを開けるときなどに、「ビリビリ」っと手にしびれを感じる管理人です。手先はカサカサで、空気が乾燥しているからしかたないかなと、寒い季節になると静電気には手をやいています。

でも、いいもの教わりました。洋服を脱ぐときや洗濯物をたたもうとするときなどに起こる静電気は、こんなグッズで防げますよ、といういいものが紹介されていました。

静電気除去グッズ

数十センチの棒とアルミホイルで簡単に作れます。作り方は棒にアルミホイルをしっかり巻きつけ、数センチほど残してヒラヒラさせておくだけ。

使い方は切り口のギザギザの部分を衣類から少しだけ離して、なぜる(ひらひらっとさせる)だけ。

番組中、測定してみると、2万ボルトあった(電圧?)のが8千ボルトに減少していて、パチパチ、ビリビリは起きませんでした。

これを紹介してくれたのは、静電気のプロの蒲池正之介さんです。アルミホイルのギザギザの切口から放電して、体を伝わって電気が地面(床など)に逃げていくそうです。

静電気除去グッズ

持っている手は、かならずアルミホイルに接触しているようにしてください。

ゴムぞうりをはいていると逃げられなくなってしまうので、洗濯物を取り込むときなどは、ゴムぞうりはやめましょう。

静電気除去グッズ

スポンサーリンク


ドアノブにいつもビリっときてしまう人は、アルミホイルをギザギザの方からゆっくりとドアノブに近づけるようにするとよいそうですよ。管理人はいつも車のドアを閉めるときに、ビリっときてしまうので、アルミホイルを車の中においておくようにしたいと思いました。

静電気が起こるのは、湿度が20%以下、温度が25度以下といわれているので、秋から冬は起きやすいですね。乾燥がいけないので、手に保湿剤を欠かさないようにすると、幾分でも静電気は感じにくくなるかもです。

衣類はパチパチと静電気が起きると、ほこりやゴミをひきつけてしまうのでいやですよね。繊維の場合だけでみると・・・

静電気の起こりやすい衣類は、一種類で起こるのでなくて、摩擦する二種類以上の繊維の相性で起こりやすくなります。

プラスの電気を帯びやすい素材と、マイナスの電気を帯びやすい素材があって、それそれの性質が離れているほど、静電気が起こりやすくなってしまいます。

(+)の電気を帯びやすい素材 から並べてみると、

毛皮
ウール
ナイロン

レーヨン
木綿

麻(帯電しにくい)

皮膚

下に向かうほど(-)の電気を帯びやすい素材になります。
アセテート
ビニロン
ポリエステル
アクリル
ポリウレタン
ポリエチレン
塩化ビニール

なのでウールとアクリルを重ねてきていると、脱ぐときにこすれてパチパチと静電気がおきやすく、木綿と絹の衣類を重ねているような場合は静電気はおこりにくいことになります。同一素材のものはおきません。

最初からこういう素材の性質を知ったうえで、洋服を着るのもいいかもしれません。いろいろな素材のものがありますから、一度服についている表示を確かめてみるのもいいですね。

乾燥の季節唇のカサカサは⇒ ガサガサ・縦ジワさようなら「唇ケアの極意」

2013年11月26日(火)NHKあさイチでアルミホイル活用術を放送していて、その一部が上記の静電気除去グッズです。早速作ってみました。

スポンサーリンク


*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy