このサイトには広告が含まれます。

静電気対策/衣服の静電気の取り方/服に静電気が発生しやすいのはどんなとき?

静電気対策/衣服の静電気の取り方/服に静電気が発生しやすいのはどんなとき?

化学繊維の衣服を着たときに皮膚のかゆみが気になるか、かゆみがある場合があります。

ドアノブに触れると、ちょうど衝撃が出ることがあります。

乾燥の季節になると静電気で悩みます。

静電気の原因と対策を考えます。

静電気対策方法

空気中の水分が増加すると、静電気が発生しても自然に放電しやすくなります。

加湿器を使用したり、洗濯物を室内に乾かしたり、部屋に水が入ったカップを置くことで、部屋の加湿に注意してください。

不十分な水分を補充し、肌を保護するために毎日保湿剤を塗ります。

衣服については、柔軟剤を使用して洗濯したり、帯電防止加工、帯電除去機能付きのスーツブラシを使用する、帯電除去スプレーを使用するなどの対策があります。

帯電しやすい素材を知れば適切な静電気対策ができる!

衣服に静電気が発生するのは、プラスマイナスそれぞれの電気を帯電しやすい素材が摩擦を起こしたときに発生します。

また、空気が乾燥した冬場でも静電気が発生しやすい

服のコーディネーターは帯電しやすい素材の組み合わせを避ける、洗濯する際には柔軟剤を使用するなど、一工夫するだけで静電気の発生を抑えることができます。

また、清掃店で静電気防止加工や静電気除去用品を活用することも効果的。

帯電しやすい素材や防止法を知り、静電気の嫌な蜂やかゆみに気をつけましょう。

衣服の静電気の取り扱いと防止策をチェック!

「静電気除去スプレー」を使うことがおすすめです!

ドアノブや自動車のドアなど静電気が容易になる物体に触れる前に、手のひら全体で壁と地面に触れる、

「石」「紙」「アスファルト」「木」などの比較的電気がゆっくり通過するものに、あらかじめ触れておくことで、体に集まっている電気が逃げていきます。

他にも電気を通しやすい金属製のドアノブなどを指で触る前に、コンクリートの地面、ドアの面、建物の壁など電気を通しにくいものを

「手のひら全体で」しっかりとさわることで、身体にたまった 静電気をゆっくり逃すことがあります。

「バチ」という前に、まめにこんなに放電する習慣を持っておけばいいですね。

スカートの静電気対策は?

ハンカチを水で湿らせてから、静電気が帯びているスカートの表面を軽く拭くだけで対策できます。

乾燥を防ぎ、湿らせることで放電しにくい静電気を無理なく逃すことができます。

応急処置として、もつれたスカートをはがすだけでなく、水分に静電気を集めてスカートの張力も予防できて、一石二鳥の手段です。

スカートの静電気を防止したい! 対策方法と放電・除去してくれるアイテム

静電気がすごい人はなぜ?静電気体、質帯電体質

静電気が起こりやすい人は、身体にたまったの電気を自然放電しにくく、静電気を貯めやすい状態にあり、

そのような状態を、「静電気体質」あるいは「帯電体質」と呼ぶことがあります。

このような体質の特徴の一つは、体の酸化があり、その原因には不規則な生活と睡眠不足、食生活の混乱、ストレスなどがあります。

静電気は身体のSOS! 水分やミネラルを補給して予防しよう。

静電気の強い刺激はなぜ?

静電気を帯びた状態で、突然金属に触れると一気に電気が流れ、バチっとした強い刺激になってしまいます。

金属は電気を通しやすいので、金属以外のゆっくりと電気を通す素材に先に触ってみましょう。

おすすめはコンクリートや土、木や紙、壁などは、このような素材のものが多いので、いいかと思います。

静電気が体に与える影響/健康に害を及ぼす危険がある静電気に注意が必要

摩擦による静電気は身体に蓄積し、さまざまな影響を与える可能性があります。

また、静電気が蓄積すると健康が損なわれる可能性があります。

筋肉の硬直による肩こりや腰痛、免疫力の低下、貧血などの症状が出現する場合もあります。

健康に害を及ぼす危険がある静電気には注意が必要です。

帯電防止スプレー方法は?

約20cm取り除き、こすりやすい部分を中心に全体にスプレーすると、パチパチやもつれた点はもちろん、

ほこりや花粉、PM2。 バッグやこすり部分やコート、スカート、スラックスの裾は特に心に。 お出かけ前にスプレーするのがポイントです。

服に静電気が発生する原因

なぜ服に静電気が発生するのでしょうか?

その原因を見てみましょう。

原因を知れば正しい静電気対策ができます。

静電気が発生する原因は摩擦です。

2つの異なる物質または材料がこすることによって発生します。

服を脱いで着用するときに起きる静電気は、服と体、または衣類同士が互いにこするからです。

生物の体を含む多くの物質は電気を持っています。

プラスとマイナスの電気量がちょうど合うと静電気が発生しません。

しかし、二つの物質、または素材の間に摩擦が起こると、お互いが持っているプラスとマイナスの電気が移動し、一方にプラスの電気が、他方にマイナスの電気が偏ることで発生します。

元々は電気量のバランスが正常だったのが、帯電のバランスが崩れてしまった状態を「静電気」といいます。

静電気を帯びているものを「帯電」といい、プラスに帯電したものとマイナスに帯電したものは引き寄せる性質があり、

逆に同じ極性で帯電したもの同士は反発する性質があります。

帯電が反発するとセーターを脱いだ時にバチっとした衝撃や痛みが生じる現象が起こるのです。

冬季に静電気が発生しやすいのは空気が乾燥するため

冬季は夏場に比べて空気が乾燥するため静電気が起こりやすい時期です。

寒い日の電車の中で手すりにとられた瞬間、バチと静電気が流れてビックリした経験をしたことがある方も多いでしょう。

空気が乾燥せず、湿度が高い場所では静電気が発生しにくくなります。

これは、物質の表面に付着した水分が電気を逃すためです。

このとき、物質同士が互いに接触するため電気は移動しますが、表面に付着している水分によって中和され電気の蓄積を防ぐものです。

冬の静電気対策はとにかく乾燥を防ぐことが重要です。

化学繊維は水分を維持しないので静電気が発生しやすい

静電気が帯電する傾向にある素材に注目すると、ポリエステル等の化学繊維は、あまり水分を含まないため、

乾燥傾向にあり静電気が帯電と放電が起こりやすい素材です。

もともと汗を流してもすぐに蒸発してべたつかないようにするために作られたのが化学繊維です。

そのため、化学繊維に含まれている水分量は、ほぼ0に等しく、乾燥しやすい素材です。

一方、綿や麻などの天然素材は、水分の吸収性が高いため、乾燥に対して強いため、静電気が起こりにくい素材といえます。

反対の性格を持つ素材との組み合わせ

衣服の素材のなかには、電気のプラスとマイナスが、それぞれに静電気として帯電しやすいものがあります。

一方がプラスで、もう一方がマイナスで帯電しやすい状態になると静電気が起こりやすく、以下の組み合わせは静電気が発生しやすい組み合わせといいます。

  • ポリエステルシャツとウールコート
  • ナイロンマフラーとアクリルセーター
  • アクリルセーターとウールコート
  • ポリエステルシャツとナイロンバックパック

「静電気対策/衣服の静電気の取り方/服に静電気が発生しやすいのはどんなとき? 」まとめ

化学繊維の衣服を着たときに皮膚のかゆみが気になるか、チクチクの原因や対策を整理しました。

乾燥の季節になると静電気で悩みます。

静電気の原因や対策について参考にしていただければ幸いです。

暮らし
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
レモン

美容や健康の雑記ライター。なんでも興味を持たことを記事にするのが大好き。歴史や哲学系の読書も好き。英語も少々。WordPress設定やデザイン、SNS担当。見やすくてわかりやすいブログ運営を心がけます。

レモンをフォローする
レモンをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました