脚やせしたい!モチベーション(やる気)を持続させるコツは

脚を細くしたいと思って、ダイエットやら運動やらをやってきました。

頑張るぞっとやり始めたものの、3日坊主で終ってしまったことは何度もあります。

今振り返ってみると、そのときの熱い気持ちとは裏腹に、「面倒だな」「時間がない」などの言い訳がでてきて、「今日はやめておくけど、明日まとめて頑張ろう」と自分にいっていたりします。

そんなことの繰り返しで、結局長続きしなかったという過去の失敗を、山ほど持っています。

やる気がどうしても続かなかったのは、いったいなぜか?

それは、自分がやりたくないという選択をしていたからだと思うんです。

そこで、「やりたくない」そして「やらない」という選択をしないようにするには、どうしたらいいか。

そして一定期間やる気を持続させるには、どうしたらいいか・・・

これは成功した今、やっとわかるようになりました。

今回管理人が脚やせを成功させることができた理由を報告しますね。

脚やせが成功した理由

この7項目のことを紙にかいて実行してました。

  1. 目標の脚のサイズをはっきりさせる
  2. 理想の脚になった身軽な自分を絵にかいて見えるところに貼っておく
  3. 今の脚に不満を持たない
  4. 今までより摂取カロリーを減らす
  5. 決めた脚やせ法を行う
  6. いつまでやるかを決める

理想とする目標を決める

管理人の理想の脚は、藤原紀香さんのような脚です!

ですが大きすぎる目標もムリがあります。

なので身長から計算した脚サイズの一番大きいところに設定して、その脚になった自分の姿を、おしゃれした姿で絵にかいて、ボードにはっておきました。

今の不満だらけの脚は頭の中から放り出して、忘れるようにしました。

ここまでは、数時間でできますよね。

一日のカロリーを決める

和食を目の前にしている女性 いただきますと手を合わせている

食事とおやつ、お酒を含め、摂取カロリーを一日1500キロカロリーくらいにしました。

お腹がすくときもありましたが、とにかく毎日これくらいまでに抑えるようにしました。

週に3回ほどのウォーキングをしつつ、

毎日やったのは5種類のストレッチと1回の脚マッサージです。

脚やせ法は、いろいろあるので、自分で続けられそうなものを選びます。

そしてこれを、1週間とか1か月、決めた期間をやりぬくんです。

やる気を持ち続けるには

問題のやる気の持続ですが、

最初は絵の中の自分が軽やかに踊っているところを想像します。(^-^)

そしてそんな私はいとも簡単に、ウォーキングしたり運動したりできるはずですから、その想像の姿で運動しているところを想像します。

すると、じゃあ私もやろうかという気になってきて、ウォーキングや運動を始めることができました。

さっと動ける私っていいな、なんて自己満足して終わると、気分がよくなります。

いつまでと決まっているので、やった日には○をカレンダーにOKと書き加えます。

ちょっと嬉しくなってしまう瞬間です。

そして次の日も、絵の中の自分が軽やかに踊っているところを想像します。

すると、なんとなく決めたことをやっている、そんな感じで意気込まずに始められます。

そしてカレンダーに○とOKがつく。

これが目に見えて増えていくと、また明日もやれそうな気がしてくるんです。

単純なことですが、絵の中の自分のようになりたい!

その姿に体がつい動いたという感じで、そのあとできたマークをつけることで、明日もやれそうな気になりました。

言い訳がなくなると続けられる

白いお皿の花瓶にさしたマーガレットの花

継続していく日々の中で、不思議なことに言い訳はなくなりました。

それまでなら「できそうもない」「時間がない」「面倒」とつい口にだしていたのですが、そういう気持ちがほとんど起こりませんでした。

同時に「頑張るぞ!」といった力みもありませんでした。

いつまでやるかの一定期間が終わるころ、脚のサイズを測ってみて、少しでもサイズが小さくなっていれば純粋に喜びます。「ヤッター!」って。

サイズがほとんど変わらないという時期があったとしても、日々続けているという自信が、「脚は確実に痩せる方向に向かっている」と思えるようになります。

そしてまた新な一定期間を設定していきます。

脚やせを続ける意欲・まとめ

こんな単純な考えでも継続できたわけですから、「モチベーションを持て!」とか「やる気を出せ!」と自分に葉っぱをかけなくてもいいんじゃないかと思います。

頑張らなくても成果が出ればいいですからね。

淡々と予定をこなす、みたいな感じでしょうか。

 30年間の太脚生活から脱出した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」

脚やせ
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました