LaLa7.net

糖質制限ダイエットとは・本当にやせることができるやり方

スポンサーリンク

ウィンクしている一人の若い女性「糖質制限ダイエット」でやせたという人がちらほら、本当に?の疑いを持ちつつ実践したところ、確実に私もやせました

今までのダイエット法では根気が続かず、成果がでないのが当たり前でしたが、今度は違います。

何が違うかというと、これまでのカロリー制限のダイエット法とは違って、減量を実感できることと、リバウンドがおこらないということです。

そしてほとんど空腹感もありません。なので糖質制限ダイエットは、苦痛が少ないため続けやすいのが利点です。

糖質制限でやせるなんてまだ知名度が低いこともあり「正しい方法でないと危険だ」と、あちこちで警告されたり批判されたりすることもあります。

そこでいわれる正しい方法というのは、栄養バランスが悪くなり、健康的でない(病気になる可能性がある)という意味でそういわれているのだと思います。

でも栄養の最低限の知識があれば、糖質制限ダイエットをする食事の仕方は、「栄養士さんがいないとダメ」という難しさはありません。

ごく普通の一般人が、普通に食事をするのになんら難しい考え方は必要ないって断言できます。

スポンサードリンク


考え方が一番シンプルなダイエット法が糖質制限

なにしろ考え方が一番シンプルなダイエット法だからです。

「糖質制限ダイエット」は、「今まで摂っていた糖質を減らす」だけのダイエット法だからです。

カロリー計算なし、運動なしの誰にでも取り組めそうなものなんです。

「糖質制限」=「糖質がある食物を制限する」、つまり糖質についての理解だけは必要になります。

なぜ「糖質」を制限するとダイエットできるのか、そこを理解しておけばとても取り組みやすいと思います。

そして実践すると、まもなく体重が減るのかがわかります。するとやる気ががぜん出てくるはずです。

スポンサーリンク

「糖質」を制限するとダイエットできるわけ

女性がウエストにメジャーをあてているところ白いパンツ姿

糖質を制限すると体重が減る(ダイエットできる)のはなぜでしょう。

今までのカロリー制限のダイエット法では、摂取カロリーを減らすのがダイエットのやり方です。

これまで信じられてきたのは、身体の中に余ったエネルギーが、脂肪の蓄積になり、体重増加・肥満へとつながるとされています。

それとはちがい「糖質制限ダイエット」は、太る原因は糖質にある、だから糖質を減らすことでダイエットできる。そういう考え方です。

考え方と一言でいっても、科学的な根拠がちゃんとあります。

そもそも太る原因ですが、脂質の取りすぎやカロリーの取りすぎは、肥満には直接関係しません。

肥満に関係するのは「インスリン」というホルモンです

インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれていて、これが大量に分泌されると糖が中性脂肪として身体に蓄えられてしまいます

それが皮下脂肪や内臓脂肪の原因になります

私たちの体は、二つのエネルギー源を利用しています。

ひとつが「糖」もう一つが「脂肪」です。

この二つのうち、体内で優先的に使われるエネルギー源は「糖」ですから、糖の摂取を減らせば、次のエネルギー源の体脂肪が燃えやすくなります。

体内で不足する糖にかわって体脂肪が燃えていき、痩せやすい身体になります。

「インスリン」=「肥満ホルモン」は、いったいどんなホルモンなのかというと、血糖値があがると必ず分泌されるホルモンで、血糖値を下げようと働きます。

ですから血糖値があがらない食べ物を食べれば、インスリンが出ないことになり、中性脂肪が蓄えられることもありません

血糖値をあげる食べ物を制限して、血糖値があがらない食べ物を食べる、そういうシンプルなダイエット法が「糖質制限ダイエット」です。

「糖質」を最も多く含むものは炭水化物

家庭料理一汁山菜の定食では血糖値(血液の中の糖の値)をあげないためにはどうするかというと、「糖質」を多く含むものを避ける(制限)するといいわけです。

糖質を多く含む食べ物といえば、主食のごはん、パン、麺類です。

ごはん、パン、麺類とは、「炭水化物」のことですね。

食品の中でも、「ごはん、パン、麺類」は、主食ですからこれまで当たり前に食べてきた食生活では、欠かすことのできない食品です。

ですので、これを制限するとなると・・・・そんなこと想像できない!・・・私も最初はそうでした。

ごはんもパンもラーメンもうどんも大好きですから、ね。

まずは主食の炭水化物を減らす、その一歩から

「朝パン、昼麺、夜ごはん」という食べ方の人って多いと思います。

「三食バランスよく食べなさい」と言われてきましたし、そのときのバランスというと主食に一汁山菜という内容のいわゆる定食になりますよね。

なので単品食べ(ラーメンだけ、うどんだけ、おにぎりだけ)といった食事は、できるだけさけるようにするのが、今までの食べ方でした。

その食べ方でカロリーを減らすのは、かなり面倒でもありました。

これからやっていく「糖質制限ダイエット」で一番簡単で確実なダイエット法は、主食の炭水化物を減らすことです。

「定食のごはんを減らす」わけです。

「主食を全くとらない」食べ方ができれば、みるみる痩せていきます

でも主食をとらないって、お腹が空いてしかたがないんじゃない?と思えますね。

そうです、それだけだとお腹がいっぱいにはならないでしょう。

そこで、今までのおかずに、糖質の少ないおかずを一品追加するようにします。

できればお肉や魚がいいですが、おかずはモリモリ食べてOkです。

まずは「主食の炭水化物を減らす」これが糖質制限ダイエットです。

最近は糖質オフの麺やパンが通販でも買えるので、主食を食べつつ糖質ダイエットができるようになりました。

ここは種類が多いし冷凍なので日持ちします。もしものときに⇒糖質オフの食品専門店『低糖工房』



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top