LaLa7.net

6分半のゆで卵・黄身しっとりで食べやすさアップ(つるっとむけるよ)

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットで持ち歩きをしたいので、つるりとむけて黄身がしっとりのゆで卵を作っています。

7分間ゆでただけのゆで卵で、かなり黄身がしっとりしました。⇒「黄身が少ししっとりのゆで卵の作り方7分・糖質制限ダイエットを続けるために

でももっとしっとりして欲しくて、ゆで時間6分半にしてみました

すると、、、黄身のしっとりしている範囲は増えたので、これがベストかも?

どんな出来具合かさっそく見てね。

スポンサードリンク


6分半ゆでたゆで卵の様子

ゆで卵6分半ゆで水でさましすぐむきました黄身の状態二日前に7分間ゆでたときより、しっとりしている黄身の部分は広いです。

そのため食べたときのモコモコ間はさらに減って、口どけが早く白身との相性も変化したような気がします。

あまりしっとりしているとちょっと・・・という人は、ここまでしなくてもいいかもしれませんね。

ゆで卵6分半ゆで水でさましすぐむいてつるりとむけますこの卵を食べる一瞬前の向いている様子です。つるっとむけますよ

ゆで卵6分半ゆでたところ鍋の中その1分ほど前のゆであがって火をとめる直前の鍋の様子。

おしりに亀裂をいれてあるので、ゆでる間に亀裂がひろがっていますが、白身が吹き出たりすることもなくできあがります。

6分半ゆでたときの黄身の様子

ゆで卵6分半ゆで水でさましすぐむきました黄身の状態こちらが7分ゆでたときの黄身の様子です↓↓

7分ゆでて水でさましたゆで卵つるっとむけている、黄身がしっとりしっとりしている範囲が少し狭いのがわかりますか?

ちょっとした食感の違いがここで生まれます。

コンビニのゆで卵はそれはそれはしっとりして美味しいできあがりのようですが、一個80円とかしますからね。

それに大手コンビニ〇〇さんや〇〇さんは、味付きなので、糖質制限ダイエットなどで持ち歩くなら、自分で作るのがやっぱりいいです。

次回はさらに黄身の柔らかさを追求してみよう、といってもゆで時間をさらに短くするだけですが。

コンビニのようなしっとり感に近づくかもしれません。また報告します。

完全な固ゆで卵は8分ゆでてます⇒「失敗なしのゆで卵の作り方(おしりペンペン)・完全版糖質制限ダイエット

さらにゆで時間を短く6分にしてみた⇒「ゆで時間6分のゆで卵・白身ぷるるん黄身しっとりつるっとむけます

結局ゆで時間の実験を8分、7分、6分半、6分とおこなってみました。固ゆでは8分でOKですが、黄身や白身の柔らかさの好みを追求すると・・・個人的には6分半のゆで卵が食べやすいことがわかりました



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top