LaLa7.net

ぐっすりすっきり眠れている人の快眠のための心がけ

スポンサーリンク

眠っている女性

毎日ぐっすりすっきり眠れている人は、いったいどんなことをしているのでしょう?

元気に毎日遊んでいる子供たちも、朝までぐっすり眠っている睡眠の達人ですから、子供に学ぶのもいいかもですが、ここではもちろん睡眠上手の大人のしていることです。

これは「睡眠の基本と習慣」という文化出版社からの本と、「毎日スッキリ起きる技術」という光文社から出ている本を読んでまとめた内容です。

ぐっすり眠れている人にとってはありふれた日常なのですが、眠れていないあなたとどんなところが違っているのでしょう?

スポンサードリンク


睡眠の達人がしている心がけ

眠るためには朝の習慣が大切なのかもしれないのです。

ぐっすり眠れている人は、朝からその人なりのきまった習慣があるようなのです。

  • 朝は決まった時間に起きて、30分ほど散歩にいく。
  • 朝決まった時間に起きて、シャワーをあびてから新聞を読む。
  • 朝決まった時間に起きて、ラジオ体操をする。
  • できるだけ食事は手作りでバランスを考えてとる
  • 就寝2時間前には、テレビやパソコンを見るのをやめる。
  • 寝室には1時間前に行き、照明を落とし布団で本を読む。
  • 寝る前はリラックスできる音楽をかけて、ストレッチしたり雑誌を読んだりする。
  • 寝心地のよい寝間着(パジャマ)を利用する。
  • 体にあった好きな寝具を利用する
  • 寝る前は愛ネコと遊ぶ。
  • 入浴はゆっくり38度から40度のぬるめのお湯で。
  • 入浴タイムを楽しむ工夫をしてリラックスできるようにする。
  • 夕食時間以降はカフェインのないものを飲む。
  • 夕食は決まった時間にとり、脂っこいものはなるべく避ける
  • 晩酌はしても夕食時だけにして、眠りにつく直前まで飲まない

昼間の活動は人によって違いますが、ある程度の活動量は必要です。

事務、パソコン作業の多い人は、身体を動かすことがないので運動不足になりがちで、活動量がへっています。

ぐっすり眠れないときは、歩く、サイクリングするなどの活動を増やしてみると、よく眠れるようになります。

まとめると、

生活のリズムが整っていると、睡眠のリズムも整う。

同じ時間に起き、朝の光を浴びる、朝食は同じ時間にとることで、脳に生活のリズムがインプットされ、睡眠の質があがる

適度に運動をすることで、ストレス解消になり寝つきがよくなる、さらに熟睡しやすくなる

和食のメニューが栄養バランス的によく、消化のよい夕食を寝る3時間前までにとる。

心地よく眠れる環境作りをし、寝る前にほの暗い環境でリラックスしていると、メラトニンが働きやすくなり寝付きやすくなる。

これらのことは全てのを実行するのは難しいので、できそうなことを一つふたつ取り入れてみることから初めてみましょう。

子供のころのように、ぐっすりと眠れて、スッキリと目覚めることができるって、とっても気持ちいいことですからね。

 



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top