スタイ(よだれかけ)を自作・初孫なので力いれてます^^試作品二つ

ビニール袋を挟んだスタイ、試作品第一号

◆試作品・ひとつめ(ビニールを挟んだスタイ)

赤ちゃんのよだれかけを作ってみました。いまどきは「スタイ」というそうですね。

それを知らず、娘に「スタイがたくさんいるから作ってよ」といわれ最初は「?」でした。

三人の子供を育てましたが、当時は「スタイ」なんていう言葉は育児本の中にもありませんでしたから、意味不明でしたよ。

「スタイ」=「よだれかけ」、はい、作ってみます。

「小さいよだれかけなら簡単よぉ♪」と手作り大好きな私は、さっそく試作品を作ってみました。

今どきのスタイがどんなものか、ネットで調べたり本を見てみたり。

生地選びが一番悩む

そして肝心の生地を探したのですが、なかなかこれといった手頃なものが見つかりません。

まだ赤ちゃんはよだれを出しかけた時期で、離乳食用のものではないので、柔らかくて吸湿性があって、でも防水効果もあって・・・

と探してたのですが、手芸店にも、ガーゼがタオル生地がせいぜいで、防水効果のある生地がありませんでした。

そこでとりあえずの試作として、ハンドタオルで中にビニール袋を一枚はさんで作ってみました。

最初の試作品「ビニール袋一枚挟んだスタイ」

 

ビニール袋を挟んだスタイ、試作品第一号

◆ビニール袋を挟んだスタイ

自作するならビニール袋を挟むのがいいよというヒントを見つけ、なるほどっと試してみたわけです。

これはちょっとゴワゴワしますしカサカサっという音も若干しますが、でも防水にはバッチリです。

着ている洋服の衿元が濡れることはありません。

まだつけてもらっていませんので何とも言えませんが、娘(母親)はきっと嫌がるでしょう。

赤ちゃんの反応は、カサコソ音が好きになるかも?です。だってそういうカサカサさせるだけのおもちゃもあるくらいですから。

試作品・薄いポリエステル生地をはさんで

試作品二つ目 ポリエステル生地をはさんだスタイ

◆試作の二つ目、ポリエステル生地をはさんだスタイ

そしてその次に試作したのは、両面タオル生地ですが、やや薄いので間に薄いポリエステル生地を挟みました

少ししゃんとしたのと、タオルだけよりは防水効果が少しはでるかも、という代物です。

そして裏のタオルとも型崩れしないためにも、ドット刺繍で留めておきました。飾りも兼ねて。

どちらも手縫いしてあります。

返し縫とかもしてみましたが、並縫いだけで周囲もOKでしょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、できるだけ木綿の柔らかい生地を使用。

これをまずつけてもらって、さらにいいものを作っていくつもりです。

スタイは1992年からだった

調べてみたのですが、「スタイ」はベビー用品輸入販売のグランドール社が1992年にスウェーデンのベビービョルン社製プラスチックエプロンを販売する際、これを「スタイ」と名付けたのが初なのだそうです。

そこからよだれかけや赤ちゃんエプロンをスタイと呼ぶようになったそうです。

私が赤ちゃんを育てているときにはなかった言葉ですねえ。

英語では よだれかけをbibというそうなので、英語でもないんだ~。

暮らし
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
キラコ

美容健康暮らしのライター。公務員として福祉行政に従事。退職後、着付け師範資格所得、着物着付け教室を運営。温泉好き温泉ソムリエ資格取得。美容健康ダイエット情報オタク。成人した子供3人の子育て経験。夫婦でドライブ温泉旅行好き。

キラコをフォローする
キラコをフォローする
LaLa7.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました