LaLa7.net

豚のしっとり肉団子の野菜スープ鍋で身体を温めれば痩せやすく

スポンサーリンク

しっとり肉団子スープ鍋

冬野菜は身体を温める食べ物。

冬野菜というのは文字どり冬に収穫される野菜で、大根、カブ、ニンジン、ハクサイ、チンゲン菜、小松菜などです。

寒さが厳しいときは、あまり身体を動かさず、消費エネルギーが抑えられがちです。

太りやすい季節でもあるので、できるだけ身体をあたためて消費カロリーをアップさせることも考えるといいですね。

そこで今日は、冬野菜をたっぷり食べることができる野菜スープ。

スープにしてもいいですし、味つけを濃くすれば、これなら鍋にもなると思います。

食べる時できるだけ温かいままでと思えば、土鍋を使って火にかけたままいただくのが一番。

アッツアツをふーふ―言いながらたべることで、身体はポカポカになります。

そして脚やせ効果も期待できるというものです。

スポンサードリンク


豚のしっとり肉団子の野菜スープ鍋

<材料>豚ひき肉、ネギ、米粉、白菜、ニンジン、チンゲン菜

<作り方>

豚挽き肉は一人あたり、スープなら60グラム、鍋にするなら100グラムほど。

豚挽き肉をボールにいれて、米粉、塩コショウ少々、みりん少々を入れ、よく混ぜ合わせます。

しっとり肉団子スープ鍋

米粉は豚挽き肉100グラムに対して大さじ一杯ほど。

そこにみじん切りにしたネギをいれ、混ぜ合わせます。

写真のように粘るくらいに混ぜてくださいね。

鍋に水、鶏だしの素、和風だしの素を少量加え、煮立てます。

食べやすい大きさに切った人参を入れ、柔らかくなったら、混ぜ合わせた肉を団子状に丸めて鍋に入れます。

団子に火が通ったら、食べやすい大きさに切った白菜、チンゲン菜を入れます。

1分ほど煮たら、塩を少々加えて好みの味になるまで調整すれば完成です。

鍋にするときとスープにするときの違い

この肉団子は米粉を入れてあることで、もっちりとした柔らかい食感になります。

そして豚肉本来の味がよく出ます。

ジューシーな脂分が出てしまいにくような気がします。

ひき肉は火が通りやすいので、長く煮る必要はありません。

できるだけ短時間で残りの葉物野菜を投入して、味を調えます。

スープの場合は、味付けを薄味にして、冬野菜のカブを入れるといいですよ。

鍋にするなら、中華味や鶏だしの素を多めにして濃い味付けに。

シメジやエリンギなどのきのこを入れると、見た目にも美味しそうな鍋料理になります。

スープのときは、お皿を熱くしておくのがいいですね。

薄いお皿だと冷めやすいですから、お湯をはるなどして熱くしてスープがさめにくいように。

冬に身体を温めたいのは自然のこと

私たちは冷暖房の完備している部屋にいると、冬でもアイスクリームを食べたくなったり、冷たい飲み物を平気で飲むことができます。

でも身体は今季節は冬だということをちゃんと知っています。

一歩外に出れば、木枯らしが吹いていたり冷たい雨が降ってきますから、ずっと季節をだますことはできません。

暖房で身体の外から温めるだけでなく、冬野菜を食べて身体の中から温めることで、手足の先のすみまで温かい血液を送ることができるので、身体にとっては自然な温まり方だといえます。

冬は当たり前に冬野菜が食べたくなりますし、全身があたたまるととても心地よくなってきます。

この料理には、ニンジン、ハクサイ、チンゲン菜しか入れていませんが、カブ、小松菜、水菜、ほうれん草、ネギ、他にも冬に取れる野菜で、タンパクな味のものなら合うと思いますので、手元にある冬野菜をプラスしてみてください。

冬野菜をたっぷり食べて身体を温めると免疫力も高まるので、風邪もひきにくくなると思います。

しっとり肉団子スープ鍋

脚やせ成功物語・脚太歴30年涙の克服体験談を残しておきます



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top