七五三のお祝いにはどんな準備が必要?当日あわてないために

 

七五三お祝い 7歳女の子 五歳男の子 三歳女の子

七五三の準備は、できれば3か月ぐらい前から始めるのが理想的です。

特に衣装をレンタルしたり、写真スタジオで家族写真を撮影するなら、ギリギリになると予約が取りづらくなってしまいます。

注意してくださいね。

では早速七五三の準備は何が必要かざっとみておきましょう。

七五三の準備・衣装(お祝い着)選び

七五三のお祝いの準備は、まず神社へお参りの際には洋装にするのか和装にするのかを決めることから始めましょう。

レンタルは早めの準備を

洋装でも和装でも、衣装はレンタルができます。

大人も子供も気に入った衣装を見つけるためには、時間をかけて早めに準備を始めるのが得策です。

七五三のお祝いに着る衣装は、基本的には本人が気に入ったものを選べばよいでしょう。

衣装以外の小物もセットがおすすめ

ただし、衣装だけでなく、小物などもセットでレンタルできたり、親子で着付けまで対応してくれる店を選べば、七五三当日の作業が楽になります

小物をレンタルしていない店なら、必要な小物は事前に自分で準備しなければいけません。

和装なら、足袋や草履、和装バッグや和装小物など、必要なアイテムを確認して準備しておきましょう。

ヘアとメイクの予約も

七五三お祝い 7歳女の子 五歳男の子

七五三の準備は、衣装の確保だけではありません。

ヘアとメイクの予約も必要です。

ヘアとメイクは美容院が対応してくれます

美容院選び

当日はかなり混雑する美容院が多いので、希望通りの時間で予約を入れたいなら、早めに連絡しておくことが必要です。

美容院の選び方は、親子で対応してくれる店で、自宅から足を運びやすいロケーションにある店がおすすめです。

衣装は後、ヘアメイクが先

当日のヘアとメイクは、衣装を着る前に済ませておきましょう。

衣装を着てからでは、美容院の椅子に座ることで衣装が崩れてしまうリスクがあります。

まずはヘアとメイクを済ませ、それから衣装という順番です。

お祝い前日までには細かい準備が必要です

お父さんと女の子と男の子 本を読んでいる ファミリー

早めに予約が必要なのは、以上みてきたように、

  • 衣装のレンタル
  • 写真館
  • 美容院

などを抑えておけば、後は七五三の直前までは、特に時間がかかる準備はありません。

交通手段や駐車場の確認

どこへお参りに行くかを決めたら、前日までに、交通手段や駐車場を確認しておきましょう。

七五三の時期には、どの神社でも駐車場はとても混雑します。

早めの時間に着くことに加え、神社から少し離れた場所の駐車場についても、チェックしておくのが安心です。

初穂料の準備

また、初穂料も忘れずに準備しておきましょう。

金額は神社によって異なるものの、きちんと新札を準備して、のし袋へ入れるのが一般的です。

のし袋は紅白の結び切りタイプを使用し、外袋の上半分には初穂料、下半分には子供の名前を記入します。

御祈祷予約について

せっかくの七五三参りですから、ご祈祷を頼む家庭もあるでしょう。

ご祈祷は予約が必要な神社とそうでない神社があります。

お参りに行く神社にまずは予約の連絡をして、不要であればそのことを確認しておくのが賢明です。

都心部にある参拝者の多い神社は、予約なしのところが多いです。

また予約なしの神社は、ご祈祷にかかる初穂料も、のし袋にいれずに申し込むことが多いです。

御祈祷の予約が必要か、当日現金を持参するのみでよいか、事前に神社に確認をとっておくと安心です。

まとめ

当日慌てないためには、早めに準備をしておくに越したことはありません。

準備リストを作って、しっかりチェックしてすすめていくとよいですね。

準備ができていればこそ、当日は余裕をもって七五三のお祝いができますものね。

タイトルとURLをコピーしました