換気口を掃除している女性 そうじ

家全体をスッキリする大掃除は、普段の掃除では行わない部分もきれいにしたいものです。

しかし、どこから手を付けたら良いか分からないという人や、どんな風に大掃除すればきれいにできるのか分からないという人は、意外と多いのでは。

大掃除はチェックリストを作ることから

まず、掃除をする前にはチェックリストを作ることから始めましょう。

キッチンならレンジフードや魚グリルなど頑固な油汚れをしっかり落としたい。

寝室なら天井やベッドの下に溜まっているホコリをしっかり取り除きたいものです。

部屋ごとに、どんな部分を念入りに掃除するのかをリストアップすることで、気になるところを集中的にきれいにできます。

知恵とコツで無駄を省こう

大掃除では、まずは部屋の片づけをした上で掃除をするのが効率的です。

散らかっている部屋を片づけながら掃除をするのでは、効率的ではありません。

片づけのポイント

片付けるときのポイントは、

  • 収納すべき場所に収納
  • 不要なものは捨てる

まずは不要なものは捨てて、収納場所ごとにものを納めてから。

掃除機をかけるポイント

掃除機をかける女性 そうじ

また、掃除機をかける際には、上から下へ向かってかけるようにしましょう。

床を掃除した後に棚の上や天井の掃除をしても、ホコリが床に落ちてしまいます。

上から下に向かって掃除をすることで、二度手間を省けます。

また、本棚の掃除では、奥から手前に向かって掃除を行い、無駄を省きましょう。

お掃除グッズも積極的に使おう

テーブルを掃除している女性 そうじ 掃除グッズ

大掃除ではお掃除グッズを使うと、簡単に頑固な汚れをスッキリ落とすことができます。

お掃除グッズにはいろいろなものがあり、100円ショップで販売されているものでも大活躍してくれるものがたくさんありますよ。

100円ショップのすぐれもの掃除グッズ

例えば、頑固なキッチンの油汚れなら、重曹とクエン酸を使うことでスッキリきれいにできます。

溜まっているホコリを取るなら、ホコリを繊維に絡みつけて取り除くグッズがおすすめです。

便利なお掃除グッズを活用すれば、効率的に短い時間でスッキリと大掃除ができます。

電動ブラシでお風呂もラクにきれいに

またお風呂掃除では、ブラシで床や壁などの広い面積をゴシゴシこするため、疲れてしまいます。

そこでおすすめなのが、電動ブラシです。

ブラシ部分が回転するお掃除ブラシを活用すれば、広い面積でも簡単に大掃除ができます。

大掃除は、知恵を使いながらコツを押さえて行うのがポイントです。

また、大掃除の頻度を年に1度だけでなく、数か月おきにすることで、大掃除の際の作業量を軽減することにもつながります。

年末の大掃除に疲れてしまうという人は、掃除グッズを大いに利用してすっきりお正月を迎えてくださいね。