七五三のお参り、母親の服装はどうする?NGな服装を知る

 

神社 七五三参り

Jpeg

七五三のお参りでは、母親の服装には特にドレスコードは決まっていません

つまり、これを着なければいけないというルールはありません。

しかし、かわいい我が子の成長を祝うお祝い事ですし、神社でご祈祷を受けるのなら、普段着ではなく、すこしフォーマルな服装を選ぶのが良いでしょう。

母親の服装にドレスコードなしですが

母親の服装を決める際には、父親や子供とのバランスを考えることが大切です。

ドレスコードという考え方よりも家族全体のバランスを考えることの方が重要でしょう。

家族写真はフォーマルを基準に

特に、家族写真を撮るのなら、ドレスコードだけでなく、服装のスタイルや色合いにも気を配ったほうが良いかもしれません。

子供の服装は、和装なら着物、洋装ならスーツやドレスが多いものです。

もしも父親がスーツを着用するなら、母親もスーツとバランスが取れるフォーマルな服装を選べば、間違いがありません。

七五三で避けたい母親の服装

七五三は、子供が主役です。

そのため、子供よりも母親が悪目立ちするような服装は、避けましょう

また、家族全体のバランスを狂わせてしまうようなカジュアルすぎる服装もNGです。

具体的にNGな母親の服装

具体的に、どんな服装を避けるのが良いのでしょうか。

例えば、ジーンズやスウェット、スポーツウェアなどはNGです。

どんなに高級なブランドでも、七五三のお祝いとしては避けましょう。

露出が多い服装や、子供よりも目立つドレスなども、母親の服装としては避けたほうが良いでしょう。

母親は父親同様に、七五三ではあくまでも、子供の引き立て役です。

母親の服装の色は何色がおすすめ?

ピンク色の服を着た女性 イラスト

フォーマルな装いと言えば、黒や紺色などが定番ですね。

失敗しない色を選ぶなら、フォーマル感のある色がおすすめです。

ただし、ダークな色は全体的に暗くなりがちなので、コサージュなどのアクセサリーで華やかさを出したり、小物やバッグを差し色にするなど、暗くなりすぎないように注意したいものです。

華やかさと控えめの両立

結婚式などの慶事にはNGと言われているホワイトですが、同じ慶事でも、七五三においてはNGではありません。

ホワイトやオフホワイト、ベージュなどの明るめの色は、無地のスーツやワンピースでも、色が華やかさを演出できます。

パステルカラーも、おすすめです。

派手な原色はNGですが、ラベンダー色等のパステル系は、柔らかい雰囲気を演出できますし、華やかさを出しながらも派手すぎません。

男の子の七五三は母親が明るいムードで

男の子の七五三の場合には、子供と父親とで全体的に暗い色にまとまりやすいです。

そのため母親の服の色を工夫することで、全体を明るくするとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました