LaLa7.net

靴の選び方

スポンサーリンク

靴選び方

正しい歩き方をするには、靴が自分にぴったりと合っているのが理想です。

靴って、デザインがいいから、歩きやすいからという理由で、ちょっと不満があっても買ってしまいやすくありませんか?

管理人は脚やせに真剣に取り組んでいなかったころは、見た目の色やデザイン、歩きやすいかどうかを考えて選んでいました。

ここで、歩きやすいというところがミソで、自分にとって歩きやすいというのは、履き心地がいいから自分にとっていい靴なんだと思っていたんです。

でも、「自分の癖のある歩き方で歩いたときに歩きやすい」ということなので、本当に足に合っているということではなかったんですね。

 

実際にモデルウォーキングをするときや練習をするときは、自分の歩き方の癖を出さずに、脚のがうまく使える靴がいいということです。

それに、脚の形が美しく見えるものという要素も欲しいです。

 

そこで、形のいい脚に近づくための「自分の脚にあった靴」はというと

・・・・・かかとが4~7センチくらいのものでヒールの太さは中くらいのもの。

 

ペタンコの靴は、かかとに緊張感がでません。ヒールのある靴なら足首が鍛えられてお尻に力を入れたときお尻も鍛えられやすくなります。

またペタンコの靴は、足全体に力がかかって横に広がりやすくなってしまいます。

ヒールのある靴は、ペタンコの靴よりずっと脚をキレイに見せる効果があり、きちんとフィットしていれば歩きやすいものです。

きちんとフィットしているというのは、かかとがしっかりおさまって、土踏まずが合い、爪先に少し余裕がある靴です。

 

最初は3~4センチのヒールのある靴からはじめて、もっと脚がキレイに見える7センチのヒールの靴に慣れていくのがいいですよ。

もちろんペタンコの靴でも練習できますが、ヒールのある靴で練習できていれば、ペタンコ靴なら楽勝です。

管理人は、意識して正しい姿勢になるようにして歩くようにしています。

それが当たり前の歩く姿になるように。

こうすると上半身の姿勢もよくなって、猫背ぎみだった姿から胸をはった姿に変わり、自信ありげに見えます。

気持ちもなんだか明るくなってきますから、モデルウォーキングの練習はいいことばかりです。(^-^)

 モデルウォーキングと合わせて行うと効果大「ストレッチと効果」を見てみる

30年間の太脚生活から脱出した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy