LaLa7.net

あられとおかき/せんべいとの違い・作り方の違いもね!

スポンサーリンク

あられの画像、あられとおかき/せんべいとの違い・作り方の違いを説明

◆あられ

「あられ」は庶民の呼び方、「おかき」は上流階級の呼び方?

と勘違いしていました!

「あられ」大好きなのに「せんべい」との違いもはっきりわからず、調べていて自分が恥ずかしくなってしまいました。(>_<)

この場ではっきりさせますね!

ついでにそれぞれのカロリーや、なぜお茶漬けにあられが入っているのか?

という素朴な疑問のなぞが解けるように。

 

スポンサードリンク


「あられ」と「おかき」の違い

「おかき」と「あられ」の画像

◆左が「おかき」右が角餅という商品名の「あられ」

最初に「あられ」と「おかき」についてです。

この二つはどちらも同じ米菓子です。

どちらも、もち米が原料です

 

スポンサーリンク

「あられ」の漢字は

「霰(あられ)」という字があてられますが、氷の粒である「あられ」ほどの大きさの粒のものが「あられ」。

実際には、一辺が2~5センチほどのものは「あられ」と呼ばれています。

 

「おかき」の漢字は

「おかき」は「御欠」とかきます。

お餅を小さく切って(欠き)、乾燥させ色よく焼いてつくります。
 
「欠餅・かきもち」ともいっています。
 


<まとめると>

  • 「あられ」と「おかき」の原料は同じで「もち米」
  • 霰より少し大きい程度のものを「あられ」、それより大きいものを「おかき」と呼ぶ


ただし、大きさによる厳密な区別はありません。

製造元がどちらの名称にするかは勝手に決めるようです。

 

あられ=おかきの特徴

海苔巻きあられとあられの画像

◆左が海苔巻きあられ、右が醤油あられ

原料が一緒、焼き方も一緒、つまり出来上がりが同じ。

硬くて噛むと大きな音をたてますね。

あられ(おかき)は硬く歯ごたえのあるお菓子の代表です。

 

あられ(おかき)の味つけ

塩または醤油の味付けが多いですね。

甘いたれやざらめをつけて商品化しているもの、

のりをまぶす、のりを巻く、つぶし切らないもち米を使うものもあります。

 

あられ(おかき)の製造方法

ざっくりとした製造方法をみてみると、

  1. もち米を洗う
  2. 蒸す
  3. 餅にする
  4. 固まりを薄く切る(または小さく切る)
  5. 乾燥させる
  6. 焼くまたは揚げる

製造方法がコンパクトにまとめられていた動画があったので、よかったら参考に。

 

スポンサーリンク

「あられ」と「せんべい」の違い

うるち米の画像

次は「せんべい」との違いをみてみましょう。

「あられ」はもち米が原料ですが、「せんべい」は「うるち米」から作ります。

「うるち米」というのは、普段食べているお米のことです。

 

せんべいの特徴

「せんべい」の特徴は、軽快な歯ごたえと音です。

あられより軽く、食べ心地もあっさりしています。

同じ大きさならあられよりカロリーは少ないです。

 

せんべいの製造方法

丸大豆入りのせんべい画像

あられの作り方とよく似ています。

ざっくりとした製造方法をみてみると、

  1. 白米を洗う
  2. たっぷり吸水させる
  3. 粉にする
  4. 蒸して練る
  5. ひらたく伸ばして型抜きする
  6. 乾燥させる
  7. 焼いて味付けする

 

「あられ」と「せんべい」のカロリー

原料の違いがカロリーの違いといってもよいと思います。

あられはもち米、せんべいはうるち米でしたね。

 

食べられる状態に炊いたもので比べると、

  • もち米100グラム 202キロカロリー
  • うるち米100グラム 168キロカロリー

 

もち米のカロリーの方が高いので、「あられ」を食べる方がカロリーが多くなりがちです。

 

なぜお茶漬けにあられが入っているのか?

お茶漬け、永谷園さん

お茶漬けには細かい「あられ」が入っていますね。

なくてもいいのに、と不思議に思っている人は多いはず。

そこでお茶漬けの「永谷園」さんのHPでしらべたところこのような理由がわかりました。

京都ではお茶づけ(ぶぶ漬け)にかき餅を入れることからヒントを得たものだあそうです。

 

発売当時の生産・包装技術では、吸湿性の高い調味粉と乾燥性の高い海苔を1つのパッケージに入れることは非常に困難なことでした。

しかし、あられを入れることにより香ばしく風味のよい「お茶づけ海苔」ができただけではなく、

あられがパッケージの中の防湿効果の役割も果たすことがわかりました。

こうして「お茶づけの素」にあられはなくてはならないものになったのです。

 

さあこれで、「あられ」と「おかき」が同じものだということ、

「あられ」は小さいものだということ、

「せんべい」はご飯と同じお米からできていること、

などがわかりました。

「あられ」は「せんべい」に比べ、ちょっと高いのはもち米を使っているせいなのですね。

美味しいあられは、おやつではすまないくらい食べちゃいますけど、カロリー高めは承知しておきたいですね。

 

大好きな「あられ」を食べたいから、ご飯は少し減らしておこうかな^^

あられ好きにささげる京都のあられ!

自分でするひざ下O脚の治し方


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top