白い花の花束

脚の太さや形が気になる人は、体に歪みがあることがあります。

体のわずかな歪みが、体のバランスをくずし、それを補うために脚や腰に余分な負担をかけることに。

その結果余分な筋肉をつけたり、さらに別の歪みを引き起こしたりしています。

自分を客観的に見ることって、知らなかった体のゆがみに気づくこともあります。

まずは正しく立てているか。

鏡の前で自分が正しいと思う立ち姿を見る

まっすぐに立ってみて、これが正しい、きちんとした立ち姿だと思って、鏡の前に立ってみてください。

私は脚が太くて長い間コンプレックを持っていましたが、ゆがみがあることを自覚したことで、自分の体のクセをしりました。

鏡の前でのゆがみチェックポイント

  • 頭が傾いていませんか
  • あごを引きすぎていたり、上げ過ぎていたりしていませんか
  • 肩は左右の高さが一緒ですか
  • 肩の前後がまっすぐですか
  • 腰の高さは左右一緒ですか
  • 腰の前後に歪みがないですか
  • 両膝がついていますか

これらを確認してみると、小さな歪みを3つ見つけました!(もっとあるかもしれないですが)

歪みは小さいのですが、これが長年の「体の癖」となっていたのです。

ちょっとショックです。

横を向いてのチェックポイント

次に横を向いてもチェックしてください。

  • 背中が丸くなっていませんか
  • 腰を曲げていませんか
  • お尻がさがっていませんか
  • 腕は太ももの脇におりていますか
  • 膝がまがっていませんか

どうだったでしょうか?

私の場合は、あごが前に出て、左肩が少し下がり、膝がつきません!!

お尻はとうに下がってますし・・・。

これがわかったことで、ここに気をつけようと意識を持っていくことができるようになります。

整体とか姿勢の専門家が見たら、もっと歪みを指摘されるのかもしれません。

まずは自分の立姿を知る。

意外なゆがみを知ることになるかもしれません。

おわりに

正しい姿勢を毎日1分でよいのでとってみると、歪みがこれ以上広がらないようにする意識も強くなりますよ。

キレイな姿勢をとれるよになれば、全身の筋肉のバランスがよくなり、歩き方もきれいになっていくはずです。

鏡に写る姿が、人から見られる姿でもあります。

意識してよい姿勢を作っていたいですね。

 脚を細くするのに成功した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」