ハロウィンパーティー

行事によって、例えば日本ではお正月におせち料理やお雑煮、といったように定番料理がありますよね。

でもハロウィンにはそういった定番はありません。

そのため、基本的にはどんな食事をしても、間違っているということにはなりません。

安心してください。

しかし、ハロウィンの日に家族でホームパーティーを企画するなら、やはり食事の内容もできればハロウィンをイメージできるようなものを準備したいものです。

ハロウィンならではの食事ってある?

大きなカボチャ かぼちゃ 収穫祭

特に決まった定番の食材などはありませんが、ハロウィンを意識して、オレンジ色のカボチャを使った料理を作ってみてはいかがでしょうか? 

例えば、小さめのカボチャを人数分用意して、中をくり抜いて中にパンプキンシチューを入れる、と言ったアイデア料理。

これなら、子供から大人まで、ハロウィンの気分を食事でも楽しめそうです。

家族のパーティーではアイデア料理がおすすめ

ハロウィンカップケーキ

ハロウィンを家族で過ごす際の料理は、味のクオリティもさることながら、見た目の楽しさにも重点を置くと、大成功します。

見た目が楽しい料理の例

料理の腕に自信がある人なら、ホラーとか恐怖をテーマにしたアイデア料理を作るのも、おすすめです。

また小さな子供がいる家庭なら、昼間にカボチャやお化けの型でクッキーを焼き、ハロウィンっぽくデコレーションすることもまた、ホームパーティーを盛り上げてくれます。

ホームパーティーにおすすめのアイデア

ホームパーティーにおすすめのアイデアは、たくさんあります。

例えば、オムライスの上に、血液に見立てたケチャップでホラー風なデコレーションをしても良いでしょう。

カレーライスのトッピングに、100円ショップなどで購入したジャックオーランタンの形をしたトッピングやおもちゃを乗せれば、

それほど手を加えなくても普段の食事が一気にハロウィン仕様へと変身します。

せっかく家族で集う食事だから、団らんを楽しみながらいただく鍋もおすすめです。

鍋料理もまた、工夫次第でハロウィン仕様に変えることができますよ。

例えば、おでんに使われているはんぺんやこんにゃくを、お化けの形にカットしてみてはいかがでしょうか? 

カットする際には、クッキーの型を使えば簡単です。

ホームパーティーならフィンガーフードもあり

唐揚げお皿にのっている

楽しくワイワイとホームパーティーを楽しむなら、はしやフォークを使わなくてもさっと手で食べられるものを。

唐揚げやハンバーガーなどを食事として準備する方法もおすすめです。

老若男女が大好きな唐揚げなら、多めに作っておけば余った分は翌日の食事に活用できるしね。

またハンバーガーは、食べる人が自由にアレンジできるセルフサービススタイルにすれば、準備をするお母さんの手間や時間を省けます。

家族みんなで準備をするというのも、負担を減らし楽しめるのでいいですね。