LaLa7.net

髪がパサつく/うねる/切れる/ツヤなし【美髪】に戻すシンプルなヘアケア

スポンサーリンク

髪がパサつく・うねる・切れる・ツヤなし、原因知って美髪に戻すには

「髪がパサつく、うねる、切れやすい、艶がなくなった」など、髪の悩みは尽きませんね。

これらは、「髪の傷み」とひとくくりにされますが、原因はキューティクルが傷んだだけではありません!

なんと傷んだ髪はみな「髪が空洞化」していたのです。

なぜ髪が空洞化するのでしょう?

それが分かれば、空洞化させない方法もわかりますね。

すでに「パサつく、うねる、切れやすい、艶がなくなった」私の髪ですが、

対処法を気長に実行しているうちに、少しづつよい方に向かっています。

もし髪が傷むことをあなたがしているとしたら。。。

改善方法が見えてきますよ!

 

スポンサードリンク


髪の空洞化がおこる原因

髪の傷みは髪の空洞化だといいました。

聞きなれないですが、どんな状態かというと、

「何層もあるキューティクルの内側の成分が流出してしまう」状態です

 

スポンサーリンク

キューティクルがはがれて中身がもれる

髪の断面を見ると、

  • 「中心部の層」
  • 「その周りの層」
  • 「キューティクルの層」

に分かれます。

  • 中心部は「メデュラ」(たんぱく質と脂質)という層で、
  • その周りは「コルテックス」というタンパク質の層あります。
  • そしてその周りに何層かのキューティクルがあります。

最も外側の層のキューティクルが、何らかの原因ではがれてしまったとします。

すると「メデュラ」と「コルテックス」が漏れ出てしまうのです。

そうなると、

⇒⇒⇒「パサつく、うねる、切れやすい、艶がない」髪になってしまうのです。

 

髪の空洞化=傷みの原因をなくす

ならば、髪の内側の層が漏れ出ないようにするしかありません。

それができれば、髪の傷みが改善する可能性がありますね!

 

日常のヘアケア習慣で傷をつけているかも

髪の中の層が漏れ出ないようにするには、外側のキューティクルの層を傷つけないようにすればよい」わけです。

髪のためにと思ってやっているシャンプーやドライヤー。

その毎日のケアの中に、キューティクルを傷つける習慣がかくれているかもしれません。

そうだとしたら。。。ちょっと見直ししたいものですね。

 

濡れた髪の扱いで傷ができる

髪がパサつく・うねる・切れる・ツヤなし、原因知って美髪に戻すには、濡れた髪の扱いで傷ができる

「キューティクルを傷つけるのは、濡れた髪をこするから」

あなたのヘアケアの習慣に、濡れた髪をこすっているってことはないですか?

  • シャンプーのとき、髪をもんだりこすったりする
  • リンスやコンディショナーのとき、髪をもんだりこすったりする
  • タオルで乾かすとき、髪をもんだりこすったりする

こんなことはありませんか?

髪が濡れているときにこすると、キューティクルがはがれ落ちてしまいます!

すると内部の層を、保護できなくなってしまいます!

中身が漏れ出て、髪の内部が空洞化します!

 

毎日髪を傷みつけていたと知って

私の場合、濡れた髪をタオルで乾かすとき、こすっていました!

それでキューティクルが荒れてしまったようです。

これまでの習慣は、キューティクルを傷つけっぱなしだったんです。

「もう年だからしかたない」とあきらめつつあった髪の傷みの原因は、

髪を濡れたままこすっていたことが、原因の一つだったんです。

 

スポンサーリンク

髪が傷む原因を取り除くには

髪がパサつく/うねる/切れる/ツヤなし【美髪】に戻すシンプルなヘアケア、髪が傷む原因を取り除く方法

濡れた髪を毎日のようにもんだりこすったり、それが傷みの原因とわかったので、

じゃあそれを、取り除きましょ!

っということで、実際にやってみることはたったこれだけです。

  • 洗う時に、髪をもんだりこすったりしない
  • 乾かすときに、髪をもんだりこすったりしない

この二つを実行するだけです!

これまでのケアの仕方の一部を変えるだけ。

すぐに実行に移しました。

 

半年後には、違いがわかるかも

50代ともなると、髪の成長は遅いです。

私の場合、半年で4センチくらいしか伸びないと思います。

地道な努力ですが、

もう二度とシャンプーのたびに「濡れた髪をもまない・こすらない」と決めました!

 

その決心から二月くらいたってます。

が、大きな変化はわかりません。

でもあと数か月したら、根本近くがしっかりしたのを実感できるんじゃないかと期待しています。

 

習慣を変えるには1か月はかかる

今までの髪の扱い方を変えるというのは、習慣をかえることになりますね

うっかりすると、昔からの習慣に戻ってしまうことも。

「濡れた髪をもんだりこすったり」に戻ってしまわなうに、習慣化しないといけません。

どうしたら新しい習慣を続けられるか?

私が実践していることは、

お風呂場の中と脱衣所の二か所の目につくところに、こんな「張り紙」をしてみました

♪濡れた髪をもんだりこすったりしない♪

そう書いてはっておきました。

「それだけぇ?」って思いますよね。

「ええ、それだけです。」

でも、これが効果ありで、

これで、キューティクルを傷つける習慣から脱出できました!

後は、髪の材料の「たんぱく質」をできるだけとるようにしています。

 

艶とまとまりのある髪に変化するのを待つ

あとはよい習慣を続けて、待ちます。

半年経てば少しは改善されているといいな、と期待しつつ。(*^^*)

「期待」というのも大切みたいですよ。

髪を傷つけていた習慣が変わるのですから、効果がでてくるはず。

 

髪の全体はどうやって洗うの?

ここできっと疑問があると思います。

シャンプーのとき、長い髪の場合はどうやって洗うのか?

地肌は泡立ててから指先でもむように洗いますね。

毛先の方は指で通すだけ。

それでOKです。

そうすれば、新しく生えてきた髪を決して傷つけることはありません。

※追記:それから半年が過ぎ、うねりは減らないもののパサつきはなく切れることもなくなりました。

 

「髪を傷つけることなくケアしていけば、きっと健康な髪が伸びてくる」と気長に続けています。

吸水性抜群のエアーかおる

水を飲むだけで太ってしまう?太い脚の原因


*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top