LaLa7.net

太ももの内側のエクササイズ

スポンサーリンク

太ももの内側がブヨブヨとやわらかいタイプの人におすすめな、太ももの内側のエクササイズです。

私が効果を感じた順に並べてありますので、まずは一番初めのものから試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク


№1エクササイズ・本サンドイッチ

椅子に座り、厚さ5センチから8センチほどの本を、内ももに挟んで維持します。

椅子に浅く座って内ももに挟みます。

内ももに挟むのがつらい人は、膝で挟んでみてください。そして慣れてきたら、内ももで挟むようにしてください。

時間は最初は30秒くらいから始めます。

終わった後に筋肉痛を少し感じる程度にします。

慣れてきたら徐々に時間を増やしますが、いきなり時間を増やすと腰痛になることがあるので、注意してください。

挟む本はハードカバーのかちっとしたタイプのものがやりやすいです。

 

№2エクササイズ・片脚立ち

両足でまっすく立ってから、片足を15度くらい後ろに出して、その後立っている軸足の方にできるだけ寄せて維持します。

いきなり後ろに片足を出すとふらつくことがあるので、いったん前に15度くらい出してから後ろに出すようにするとやりやすいです。

最初は維持する時間を15秒くらいから始めます。

ふらつかないように、両手はバランスをとれる位置まで開きます。

40秒くらいまで時間を増やせるよう、徐々に時間を増やします。

必ず両足とも行います。

 

№3エクササイズ・片脚上げ

横向きに寝て、上体を起こします。体の下になった方の腕で上体を支えます。

上になった脚を軽く前に出し、下の脚をまっすぐにしたまま上(天井方向)にむけて上下させます。

下の脚の内側に力を入れて引き上げるようにします。

上下5回くらいから始め、徐々に回数を増やし、20回までにします。

左右同じ回数を行います。

 「太ももの後ろ側のエクササイズ」

  冷え性で下半身デブを解消した管理人の記録です「脚やせ成功体験談」

 


スポンサードリンク


*
*
* (公開されません)

Return Top
3 dummydummy dummy dummy