サーフボードをもって歩く若い女性二人

今だからこそ、安心でき密にならないお出かけ先に行きたいって思いますね。

しばらく家にこもっていたから、体はうずうず、不完全燃焼ですもんね。

ということで、気温の高い夏と秋にかけて、密にならないお出かけ先をチェックしてみました。

まずはどんな種類(メニュー)があるかをまとめますね。

安心で密にならないお出かけ先

お出かけ先(遊びや観光の種類)をまずはざっと紹介。

スポンサーリンク

海・川・湖(安心で密にならないお出かけ先)

カヤック、カヌー、ウインドサーフィンなどマリンスポーツの様子

  • カヤック(小舟に体を滑り込ませて漕いで移動する)
  • カヌー(ブレードを使って水を掻き前進する小舟での移動)
  • クルージング(観光用客船での船旅・日帰り含む)
  • ラフティング(数人でボートに乗り川を下る)
  • クジラ・イルカウォッチングクルーズ
  • シャワークライミング(沢のぼり)

空中(安心で密にならないお出かけ先)

  • パラグライダー(空中浮遊や空中散歩)

地上(安心で密にならないお出かけ先)

子馬と男の子

  • ホーストレッキング(限られた敷地内の馬場を出て乗馬を楽しむ)
  • 世界遺産世界自然遺産歩き
  • ポタリング(散歩程度のサイクリング)

密をさけるお出かけ先は、夏ならではの遊びが多くあります。

海や川、湖での遊びは、特に暑い季節には最適ですね。

いわゆる「マリンスポーツ」と呼ばれるものをさらに詳しく見てみます。

スポンサーリンク

密をさけて遊ぶ「マリンスポーツ」

マリンスポーツ、水上スキーなどをしている様子

先ほどあげたほかに、どんな「マリンスポーツ」があるかというと、

  • シュノーケリング
  • シーウォーカー
  • サーフィン
  • ボディボート
  • 二―ボード
  • ウインドサーフィン
  • ウォータースキー
  • ウェイクボード
  • ジェットスキー
  • 電動水上バイク
  • バナナボート
  • ビッグマーブル
  • パラセーリング
  • ウォーターボール

など、調べるとまだまだあります!

特に沖縄を中心に、マリンスポーツの幅は驚くほどたくさんあります。

海岸、海の上、海中のどれも解放感があって魅力的ですね。

簡単なものから練習の必要なものまで

きれいな海岸、海水浴を楽しむ人達

「マリンスポーツ」はとても簡単なものから、練習の必要なものまであります。

ファミリーなら行ってすぐに楽しめる気軽なものがよさそうですし、連泊して集中して遊びを極めるのもよいですね。

とにかくマリンスポーツは青空のもと、誰もが笑顔になれそうです。

ただ危険なものもあるので、体力に合わせて選んで欲しい。

屋外なら思い切り羽を伸ばして遊べますね。

屋内でも安心できるところも

海岸沿いを走る電車

マリンスポーツをはじめ、屋外の遊びは「密をさける」という点でははずせません。

ただ屋内でもお出かけ先として、密をさけつつあそべるところがあります。

水族館やそば打ち体験、工芸作品作りなどなど、体験型の遊びもやってみたい。

そんなときの安心できるポイントとして。

安心してお出かけのための感染予防対策のチェック

「新型コロナウイルス感染対策チェックリスト」というのも話題になっていますね。

屋内の安心できる遊び場所なら、こんな感染予防対策がとれているところがやっぱり安心。

1・消毒清掃(手指と環境)

2・健康管理(スタッフもお客も)

3・換気(密閉対策)

  • 1時間に1回程度の換気
  • 換気が弱い環境ではドアの開放
  • 扇風機または空気清浄機の設置がある

4・社会的距離(密集対策)

  • 最低でも1メートルの物理的距離が確保できる
  • 社会的距離を確保するための人数制限
  • オンラインでの決済または現地で非接触な決済ができる

5・マスクの着用(密接対策)

  • スタッフのマスクの着用
  • 客のマスクの着用の案内

スーパーやアミューズメント施設をはじめ、もう当たり前になってきた光景ですね。

遊びに行く私たちにできること

いつも元気な状態で遊びに行きたいですね。

だから出かける前には、十分体調を整えてから。

行く先々でマスクが必要なことが多いので、マスクを着用してお店や屋内施設に入るようにするのが 賢明のようです。

お出かけにはマスクを忘れないようにね。

楽しく遊べば元気も出て、体力もつきますよね!

<関連ページ紹介>

「安くていい温泉に泊まりたい!探し方・格安シーズンはいつ?」

「海でも焼かない」にこだわった日焼け止めクリーム

(2020年6月27日記載)