LaLa7.net

遮光カーテンのおすすめは? 安くて寝不足解消効果のある選び方!

スポンサーリンク

遮光カーテンで寝不足解消! 安くても効果のある選び方

遮光カーテンに変えたところ、ぐっすり眠れるようになりました!

最初は怖いくらいの暗さでしたが、外の音もなんとなく静かなようで。

気が付けば朝目覚めている、といったスッキリ感が。

ホームセンターで買った安いカーテンでしたが、とっても満足。

遮光カーテンに変えてよかった♪

外の音や明るさが、遮光カーテンにするとずいぶん変わりますよ。

購入前にあれこれ調べてみて、わかったことがあります。

あなたがどんな希望があるかで、おすすめの遮光カーテンが変わるので参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク


遮光カーテン、そもそも何?

遮光カーテンは光を遮(さえぎ)るためのカーテンです。

遮光カーテンとは、遮光カーテンの特殊コーティング

普通のカーテンから遮光カーテンに変えることで、びっくりするくらい暗くなります。

また光を遮るだけでなく、音も若干遮ることができます

遮光カーテンには二種類あります。

  • 裏に特殊なコーティングが施してあるもの
  • 遮光素材の生地が裏生地としてついているもの

上の写真のカーテンは、特殊コーティングがほどこしてあるもので、

遮光カーテンとは、遮光カーテンの特殊コーティング説明書

アクリル樹脂コーティングが施されています。

最初は若干においがしますが、わずかなにおいでじきに薄れていきます。

さて、遮光カーテンには暗さの等級が3つあります。

まずその違いをみていきましょう。

 

スポンサーリンク

1~3級遮光カーテンの特徴

遮光カーテンには1,2,3の等級があります。

1級カーテンの遮光率

1級カーテンの遮光率は99,99%以上!

ほぼ真っ暗な暗室状態です。

人の顔の表情が識別できないほど、光を遮断します。

2級カーテンの遮光率

2級カーテンの遮光率は99.80%以上~99.99%未満!

ほんのりとした薄明かりがあるかどうかという状態です。

部屋の中の人の顔、表情などがわかる程度です。

3級カーテンの遮光率

3級カーテンの遮光率は99.40%以上~99.80%未満!

部屋の中の人の表情はわかります。

でも何か作業をするには暗くて困難という程度です。

真っ暗な1級>顔がわかる2級>表情がわかる3級

 

暗さだけで選ぶとすると

遮光カーテンで寝不足解消! 安くても効果のある選び方

このように1等級の遮光カーテンにすれば、はほぼ真っ暗な部屋になります。

寝室を真っ暗にしたい人はこれがいい。

また一人暮らしなら、暗い方が熟睡できそうです。

 

「隣に寝ている子供や旦那さんの顔が見えたほうが安心」

という奥様は2等級の遮光カーテンがよいですね。

 

3級の遮光カーテンを選んだ私の理由

私は3級の遮光カーテンを選びました。

理由は以下の二つです。

  • 視力が悪いので、暗すぎると隣の人の様子がわかりにくい。
  • 夜中にトイレに起きることがあり、部屋を出るまでが心配。

という理由です。(^-^;

 

でも3級だからといって、最低というわけではありません。

3級遮光カーテンを、暗い色・分厚いものにすることで ⇒ 遮光・遮音効果が高くなります。

つまり、

2級のものと同じ程度の効果がある遮光カーテンがあるのです!

私は2級と同等のカーテンを選ぶことで、安くて好みのものを買うことができましたよ!

 

3級でも2級の遮光カーテンと同程度って

3級でも2級の遮光カーテンと同程度って?

遮光カーテンは、生地の色や柄の種類によっては、光を通しにくくなります

一般に生地の色が濃く暗いものは、光を吸収するため裏へ通す光の量は少なくなります

つまり遮光効果は高くなります。

裏地が樹脂コーティングのものなら、薄い色であってもほぼ光を通しません

そのため遮光率の低い3級でも、2級のものと同等の遮光性があるものがあります。

3級でも遮光率のよいカーテン
  • 濃く暗い色のもの
  • 裏地が樹脂コーティングのもの

 

安い?高い?遮光カーテン値段の違いは何か

お値段をみてみましょう。

高価な順に並べると、

1級>2級>3級 

材質によってお値段は少し変わります。

遮光性が高い材質であればあるほど、高価になっています。

 

安眠熟睡できるおすすめの遮光カーテン

遮光カーテンで寝不足解消! 安くても効果のある選び方、白地にリーフ柄の遮光カーテン

さて、先にもみたように、人によって必要な遮光カーテンの種類は違ってきます。

どのような希望があるかで違ってくるので、あなたはどうでしょう?

1級の遮光カーテンが適している人

  • 真っ暗な部屋で眠りたい人
  • 昼間にホームシアターを楽しみたい人
  • 朝日、西日を遮断したい人

 

2級の遮光カーテンが適している人

  • 家族の寝顔を確認したい人
  • できるだけ暗い部屋で安心したい人

 

3級の遮光カーテンが適している人

  • 視力が悪い人
  • 夜中にトイレに行くことがある人
  • 自然な朝日で目覚めたい人

3級でも外からは部屋の中が見えないですよ。

※3級の遮光カーテンでも、夜部屋の明かりをつけても外からのプライバシーは守れます!

 

おしゃれとかカワイイを考えるとさらに眠れるかも

遮光カーテンの色柄は豊富にありますが、1級の遮光カーテンは、単色か色柄が少なめです。

「発色が良くて綺麗な色柄の商品がいいわ」とか、「ナチュラルテイストな質感のカーテンがいいわ」というなら、

豊富な種類の2級か3級から選ぶとよいですよ。

 

私?私は「紺色」を選びました。

「紺色のカーテン」は最も神経を落ち着かせる効果があるからです^^

自然な朝日で目覚めたい、という希望もこれでかないました。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top