LaLa7.net

2018年から配偶者控除の壁はどう変わる?103万130万150万の壁

スポンサーリンク

2018年から配偶者控除の壁はどう変わる?103万130万150万の壁2018 年1月から、配偶者控除をうける妻の年収の金額が変わります。

今まで「103万円の壁」といわれていたのが「150万円の壁」に変更になりました。

「控除」は収入の内、税金がかからない部分のことで、 この控除が多いほど所得が減るので税金が減ります。

スポンサードリンク


おさらい103万円の壁と150万円の壁

一般的には夫が主として働いて、妻が従として働くという関係なので一般的な例をだします。

配偶者控除」は妻の年収が103万円以下の場合38万円の控除がされるもの

それが103万円を超えて150万円までは、38万円の控除はされるということに2018年1月から変わりました

150万円までは配偶者控除がされるので、これからは150万円の壁ということになります。

配偶者控除がなされるにあたり、夫の年収が1220万円までという決まりもできました。

多くの世帯がこの範囲になると思うので、妻の年収が103万円だったのが150万円になったのは、働きたい女性にとっては朗報です!

しかーーーし、喜ばしいだけではないのですね。

スポンサーリンク

130万円を超えると社会保険料・税金アップ

ファイナンシャルプランナー深田晶恵さんの解説によると、

年収103万円までに働き方を押さえてきた女性にとっては朗報の今回の改正ですが、年収130万円をこえると社会保険料を払うことになること、税金が増えることなどで、手放しでは喜べないところもあるといいます。

収入が130万円以上で社会保険料を払わなければならない

2018年から配偶者控除の壁はどう変わる?103万130万150万の壁悩む女性妻の年収が130万円こえると、夫の扶養から抜けて社会保険料を払わなければなりません。

つまり自分で社会保険料(厚生年金保険料と健康保険料)を払うことになります。

そして所得税と住民税も払うことになります。

それらの支出をまとめると、およそ年間16万円の支出になります。

であれば、一番いいのは社会保険料払う一歩手前の129万円っということになりそうです。

自分で社会保険料を支払うメリット

「払うものが増えるので社会保険料を払いたくない」という気持ちは大きいですね。

でも、社会保険料を払うのにも、メリットがあるんです。

社会保険料を払うメリット1

社会保険料を払うメリットで大きいのが、手当が出るということです。

これまでは病気で休んでも何も保証はありませんが、ケガや病気で休まなければならなくなったとき、「傷病手当金」が出るようになります(要件はあります)。

また出産を控えている人で出産となると「出産手当金」がでます。

これまでなかったメリットですね。

社会保険料を払うメリット2

それから大きなメリットとして、将来自分の年金受給額が増えるのです。

年金の受給額の目安といては、妻150万円年収を20年間続けたとして、社会保険料を20年間払い続けると・・・

将来年金を受ける額は年額16万円増えると見込まれます。

今の月1万円払うことで、「働けなくなった時月1万円受け取れるようになるのは、ありがたいのではないか」

今必要なお金を求めるのか将来必要なお金を求めるのか・・ 働き方は選べるようになったといえます。

夫年収500万円とした場合、二人合わせた所得が増えるのはどこから?

夫の年収を500万円とした場合で考えると、妻の年収が130万円を超えて社会保険料を払うことになると、二人合わせた手取りはへります。

でも妻の年収がもっと多い場合はそうはなりません。

妻の年収152万円あたりからは、二人合わせた手取りは増えていきます

152万円を超えても配偶者控除が全くなくなるわけではくて、 152万円妻の年収を越えれば世帯収入は増えていくのです。

どれくらい働くか計算してみる

じゃあどれくらい働いたらいいのか、目安として計算するとこうなります。

1日6時間勤務で時給1000円の場合・・・ 週4日だと年収約125万円

週5日働き、社会保険払うと決めると、年収156万円になります。

週4日働くか5日働くかは大きな違いです。このあたりはよーーーく考えないとね。

ファイナンシャルプランナー深田晶恵さんのアドバイス

妻の年収が150万円を超えると配偶者控除の額は段階的に減っていきます。

しかし、社会保険料の壁のように大きく支出が増えることはありません。

もし、「もっと働きたい」ならば、年収152万円以上働き、夫婦の手取り額を増やしていく。

そうすると、将来に備えることができる、そういう働き方も一つかも。とおっしゃっていました。

今回2018年1月の改定がずっと続くという見通しはないようで、130万円の社会保険料の壁が下がってくるようなことも話されていました。

ってそれって、働く人にとってよくないんじゃない?と思いつつも、とにかく今はこの条件で妻パートの働き方をよく考えていかなくてはなりませんね。

スポンサーリンク

2018年から配偶者控除の壁はどう変わる?103万130万150万の壁まとめ

2018年1月、これまで妻の年収103万円までは夫の扶養なので、社会保険料がかからなかったため働き方を抑えてきた妻が多い。

今回の改定で150万円まで配偶者控除38万円なされるのは朗報で、長時間働けるようになる。

しかし年収130万円超えると、社会保険料や税金を払うことになり、世帯の手取りは減る。

夫の年収が500万円の場合、妻が年収152万円くらいからは世帯の手取りは増えていく。

社会保険料を妻が払うことは将来のメリットもあるので、よく考えて働き方の見直しをする機会としてほしい。

NHKあさイチ、2018年1月11日放送内容の覚えとまとめです。



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク
Return Top